毛玉 (動物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般的なイエネコが毛玉を吐き出そうと咳をしているときの音や動きの例

毛玉は、動物の胃の中で形成される毛皮の小さな塊であり(人間には珍しい)、時に大きくなり過ぎると嘔吐に至る。 毛玉は主に毛の詰まった細長いシリンダーだが、飲み込まれた食べ物のような他の物が含まれていることもある。毛玉はリンパ肉腫結核脾臓腫瘍の異常と間違われることがある[1]

ネコ科の動物は自身の毛皮を舐めて毛を摂取して育つので、特に毛玉を形成しやすい。また、ウサギネコと同じように毛繕いをするため毛玉を作りがちだが、吐き戻せないため特に危険である。ウサギの消化器系は非常に脆弱であるため、ウサギの毛玉は直ちに治療しなければならず、摂食をやめ脱水により最終的に死亡する可能性がある。チンチラ毛球症を起こすことがある。も毛玉の蓄積が知られているが、嘔吐しないため通常死後にかなり大きくなった状態で発見される。

臨床的意義[編集]

毛髪胃石は毛髪の摂取により形成されるベゾアール英語版(胃腸系に閉じ込められた塊)であり、しばしば毛状突起症(強毛の引っ張り)に関係している[2]。稀な症例だが、検出されなければ致命的になる可能性があり[3][4][5][6]、外科的介入がしばしば必要とされる[3][7]

文化と社会[編集]

ヒトでは稀ではあるものの、いくつかの毛玉が報告されている。これらの毛玉は髪の毛が胃の中に集まり、胃粘膜の表面上の摩擦の結果として吐出されないときに生じる[8]。毛玉は食毛症抜毛症、および異食症の結果としてしばしば若い女児に見られる[9]。2003年、カナダアルバータ州レッドディアの3歳の少女が、グレープフルーツほどの毛玉を外科的に胃から除去した[10]。2006年に、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴの18歳の女性から4.5 kgの毛玉が外科的に胃から取り除かれた[11]。そして、2014年にキルギスタンの18歳の胃から9ポンドの毛玉が取り除かれた[12]。毛玉はヒトの消化器系では消化したり通過することができず、その存在を把握していても嘔吐が毛玉の除去に効果的でない可能性があり、ヒトにとっても毛玉は非常に危険で、消化器系の様々な障害につながる可能性がある[13]

参考文献[編集]

  1. ^ Rolleston, JD (1924). “Specimen of Hair-ball of the Stomach.”. Proceedings of the Royal Society of Medicine 17 (Section for the Study of Disease in Children.): 5–8. PMC 2201872. PMID 19984083. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2201872/pdf/procrsmed01251-0011.pdf. 
  2. ^ “Trichotillomania” (PDF). Dermatol Ther 21 (1): 13–21. (2008). doi:10.1111/j.1529-8019.2008.00165.x. PMID 18318881. http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/119418689/PDFSTART. 
  3. ^ a b “Management of trichobezoar: case report and literature review”. Pediatr. Surg. Int. 26 (5): 457–63. (May 2010). doi:10.1007/s00383-010-2570-0. PMC 2856853. PMID 20213124. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2856853. 
  4. ^ “Rapunzel syndrome with a fatal outcome in a neglected child”. J. Pediatr. Surg. 40 (10): 1665–7. (2005). doi:10.1016/j.jpedsurg.2005.06.038. PMID 16227005. 
  5. ^ “Fatal case of Rapunzel syndrome in neglected child”. Forensic Sci. Int. 190 (1-3): e5–7. (September 2009). doi:10.1016/j.forsciint.2009.05.008. PMID 19505779. 
  6. ^ “The Rapunzel syndrome (trichobezoar) causing gastric perforation in a child: a case report”. Eur. J. Pediatr. 155 (1): 18–9. (1996). doi:10.1007/bf02115620. PMID 8750804. 
  7. ^ Dehghan A, Moaddab AH, Mozafarpour S. "An unusual localization of trichobezoar in the appendix." Turk J Gastroenterol. 2011 Jun;22(3):357-8.
  8. ^ Santiago, Sanchez CA (1996). “Trichobezoar in a 11-year old girl: a case report”. Boletin de la Asociacion Medica de Puerto Rico 88 (1-3): 8–11. PMID 8885440. 
  9. ^ Hairballs: Myths and Realities behind some Medical Curiosities, National Museum of Health and Medicine, Washington, D.C.
  10. ^ Talk about a Hairball!!!”. Forums.dealofday.com (2003年11月13日). 2011年2月9日閲覧。
  11. ^ Levy, Ronald M; Komanduri, Srinadh M (2007). “Trichobezoar”. New England Journal of Medicine 357 (21): e23. doi:10.1056/NEJMicm067796. PMID 18032760. http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm067796#article. 
  12. ^ Dodds, Laurence. "Huge 9lb hairball removed from teenage girl's stomach." The Telegraph. September 30, 2014.
  13. ^ Girl died from eating her hair, BBC News, 1999-08-20

関連項目[編集]