名誉監督

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
終身名誉監督から転送)
移動: 案内検索

名誉監督(めいよかんとく)は、監督の職を退いた人に贈られる名誉職または名誉称号のこと。

楽団における名誉音楽監督[編集]

楽団などで功績のある指揮者に名誉指揮者、音楽監督には名誉音楽監督の称号が贈られることがある。 1994年には大分県別府市にある財団法人別府コンベンション・ビューローが国際的なピアニスト マルタ・アルゲリッチに名誉音楽監督を委嘱しているほか[1][2]、2006年には同年6月13日に亡くなった石川県金沢市オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督の岩城宏之に対し、同月16日、石川県知事谷本正憲から永久名誉監督の称号が贈られている[3]

なお、上位には桂冠指揮者や桂冠音楽監督などの称号もある。2001年1月1日大阪シンフォニカーの桂冠音楽監督・首席指揮者にトーマス・ザンデルリングが就任したのはその例である[4]

球団における名誉監督[編集]

日本のプロ野球でも名誉監督の役職や称号があり、2001年9月28日には読売ジャイアンツから長嶋茂雄の監督退任と終身名誉監督の就任が発表されている[5][6]。2010年3月16日には東北楽天ゴールデンイーグルス野村克也の監督退任と名誉監督就任を発表しているが[7]、野村は2012年一杯で名誉監督を退任した[8]

脚注[編集]

  1. ^ “別府の多目的ホール ピアニストのアルゲリッチ女史を名誉音楽監督に/大分”. 読売新聞: 西部朝刊31頁. (1994年3月31日) 
  2. ^ “[いずみ]ピアニスト・アルゲリッチ女史が別府市の音楽ホール名誉音楽監督に”. 読売新聞: 西部朝刊23頁. (1994年10月18日) 
  3. ^ “岩城さんに「永久名誉音楽監督」OKEが称号 あす追悼式演奏会前に授与=石川”. 読売新聞: 東京朝刊石川版31頁. (2006年7月15日) 
  4. ^ “大阪シンフォニカー音楽監督に曽我大介 ザンデルリング氏は桂冠音楽監督に就任”. 読売新聞: 大阪夕刊11頁. (2000年12月5日) 
  5. ^ “長嶋監督が勇退、巨人終身名誉監督に 後任は原コーチ=号外も発行”. 読売新聞: 東京朝刊1頁. (2001年9月29日) 
  6. ^ “栄光の「3」忘れない 巨人・長嶋監督 退任セレモニー”. 読売新聞: 東京朝刊1頁. (2001年10月1日) 
  7. ^ “野村名誉監督 楽天が就任発表/プロ野球”. 読売新聞: 東京夕刊2頁. (2010年3月16日) 
  8. ^ “野村氏が楽天名誉監督退任”. 河北新報 (仙台市: 河北新報社). (2012年12月30日). オリジナル2013年1月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130114220049/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe165/20121230_02.htm 2013年11月20日閲覧。 

関連項目[編集]