紀州のドン・ファン死亡事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紀州のドン・ファン死亡事件
場所 日本の旗 日本 和歌山県田辺市
日付 2018年平成30年)5月24日 (UTC+9)
死亡者 1人(事件当時77歳)
対処 逮捕
管轄 和歌山県警察田辺警察署
和歌山地方検察庁
テンプレートを表示

紀州のドン・ファン死亡事件(きしゅうのドン・ファンしぼうじけん)は、2018年平成30年)5月24日、和歌山県田辺市の資産家で、“紀州のドン・ファン”と呼ばれた会社社長の男性が急性覚醒剤中毒で死亡し、2021年令和3年)に死亡時の妻Xによる殺人事件として立件された事件の通称である[1]

被害者[編集]

被害者である男性Aは1941年昭和16年)、和歌山県田辺市に7人兄弟の3男として生まれた。Aは地元の中学を卒業後働き始め、酒造メーカー訪問販売員や金融業などを手掛けた。その後、コンドームを訪問販売する仕事で成功し、それを元手に投資や金貸しを行うことで数十億の財産を築くに至り、「紀州のドン・ファン」と呼ばれていた[2]

女好きでも知られており、美女4000人に30億円を貢いできたと自称している[3]。2016年2月に27歳の自称モデルの女性に現金600万円と5,400万円相当の宝石類など、合計6,000万円を盗まれたことで有名になり、「6,000万円なんて自分にとっては紙くず。窃盗事件もいい経験だ」などと発言して話題となった[4]

2018年2月8日、Aは55歳年下の女X(当時21歳)と結婚していた[3]

事件[編集]

Aは結婚からわずか3か月後に自宅二階の寝室で倒れているのが発見され、その場で死亡が確認された。解剖の結果、致死量を超える覚醒剤が検出され、死因が急性覚醒剤中毒であったことが判明した[5]。当時自宅にはXと、家政婦の甲しかおらず、防犯カメラにも何も映っていなかった。当日の夕食は甲が用意した鍋料理であったが、夕食時に甲は帰宅しており、AとXだけであった。

事件の直前には飼い犬が死んでおり、その葬儀を予約するなど自殺するには不自然な状況であった[5]

捜査[編集]

Aの腕などに注射跡はなく、また覚醒剤成分が長く残留する毛髪検査でも覚醒剤成分が検出されなかったため、覚醒剤を経口摂取させられたと推測されている[5]

Aの所有する酒類販売会社にあった2000本以上のビールの空き瓶や飼い犬の死体からも覚醒剤成分は検出されなかった[6]

2021年4月28日、Xは覚醒剤を使用してAを殺害した被疑者として、殺人容疑覚醒剤取締法違反容疑で和歌山県警察逮捕された[6]。Xは事件前に覚醒剤について調べた形跡[7] があり、また覚醒剤の密売人と接触した可能性が指摘されている[6]

同年5月19日、和歌山地検はXを殺人と覚醒剤取締法違反の罪で和歌山地裁起訴した[8]

約13億5000万円とされるAの遺産については、「全財産を田辺市に寄付する」としたAの遺言書が見つかったとして、田辺市が受け取る方針を明らかにしていたが、「相続人ではない第三者に全額を相続するという遺言でも、妻、子供、親には『遺留分侵害請求権』が認められている」(弁護士の高橋裕樹)ため、妻のXは6億7500万円が受け取れる計算だった。しかし、Xが殺人罪で有罪が確定すると遺産を一切受け取れなくなるため、遺産の行方も注目されている[9]

関連書籍[編集]

  • 被害者A『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』講談社講談社+α文庫〉、2016年12月21日、初版。ISBN 978-4062817097 - 被害者Aが生前に刊行した著書。
  • 被害者A『紀州のドン・ファン 野望篇 私が「生涯現役」でいられる理由』講談社〈講談社+α文庫〉、2018年4月20日。ISBN 978-4065117774 - 同上。
  • 吉田隆『紀州のドン・ファン殺害 「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相』講談社〈講談社+α文庫〉、2018年10月20日。ISBN 978-4065129173

脚注[編集]

  1. ^ “紀州のドン・ファン”不審死 元妻を殺人などの疑いで逮捕」『NHKニュース日本放送協会、2021年4月28日。2021年7月12日閲覧。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  2. ^ 現代ビジネス編集部「「紀州のドンファン」の職業は…?その壮絶人生を辿る」『現代ビジネス講談社、2018年6月1日。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  3. ^ a b 被害者A「美女4000人抱いた「紀州のドンファン」が55歳下モデルと結婚!」『現代ビジネス』講談社、2018年2月20日。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  4. ^ 現代ビジネス編集部「「紀州のドンファン」と逮捕された元妻、たった3ヵ月で終わった「最期の結婚生活」」『現代ビジネス』講談社、2021年4月28日。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ a b c 殺人容疑で元妻逮捕 「紀州のドン・ファン」死亡―体内から覚せい剤・和歌山県警」『時事ドットコム』(時事通信社)、2021年4月28日。2021年7月12日閲覧。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  6. ^ a b c ドン・ファン元妻、「覚醒剤」密売人と接触か…スマホ解析で判明」『読売新聞オンライン読売新聞社、2021年4月29日。2021年7月12日閲覧。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  7. ^ 元妻、自ら覚醒剤入手か 「紀州のドン・ファン」不審死」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2021年4月28日。2021年7月12日閲覧。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ 「紀州のドン・ファン」元妻を殺人罪などで起訴」『産経ニュース産業経済新聞社、2021年5月19日。2021年7月12日閲覧。オリジナルの2021年7月12日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ ドン・ファン元妻逮捕で遺産の行方は? “10億円超”も…殺人有罪確定なら「ゼロ」に」『zakzak夕刊フジ、2021年5月2日。2021年7月16日閲覧。オリジナルの2021年7月16日時点におけるアーカイブ。