紀和鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紀和 鏡きわ きょう
誕生 (1945-10-23) 1945年10月23日(75歳)
日本の旗 東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
デビュー作 『Aの霊異記』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

紀和 鏡(きわ きょう、女性、1945年10月23日 -)は、日本小説家推理作家。本名は中上かすみ(旧姓、山口)。作家、中上健次の妻[1]

東京都生まれ[2]二階堂高等学校卒業。同人雑誌『文藝首都』に属し、中上健次と知り合い、柄谷行人冥王まさ子夫妻の媒酌で結婚した[3]。1985年、『Aの霊異記』で小説家デビューを果たす[4]伝奇小説を数多く執筆する。1992年の中上の死後は本名・中上かすみとしても登場することがある。

1988年から1994年まで、現代書館の雑誌『マージナル』の編集委員を務める[5]

長女は作家の中上紀[6]、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。筆名は「気は狂」から中上健次が命名した。

作品リスト[編集]

  • Aの霊異記 (講談社、1985年)
  • 邪星記 異神の宴 (徳間書店(トクマノベルズ)、1985年)
  • 鬼神伝説 伝奇ロマン (講談社ノベルス、1985年)
  • 幻花伝双神の門 (実業之日本社(ジョイ・ノベルス)、1986年)
  • 邪星記 曼陀羅の砦 (徳間書店(トクマノベルズ)、1986年)
  • 諏訪龍神伝説 (講談社ノベルス、1987年)
  • 聖鬼伝 1 摩族たちの祝祭 (実業之日本社(ジョイ・ノベルス)、1987年)
  • 黒潮殺人海流 (集英社文庫、1987年)
  • 薪能殺人舞台 (祥伝社(ノン・ポシェット)、1987年)
  • 聖鬼伝 2 殺戮者たちの夜 (実業之日本社(ジョイ・ノベルス)、1987年)
  • 邪星記 弥勒の船 (徳間書店(トクマノベルズ)、1987年)
  • 狙われたオリンピック (集英社文庫、1987年)
  • 万葉殺人紀行 (祥伝社(ノン・ポシェット)、1987年)
  • 星乃国邪神伝説 (講談社ノベルス、1987年)
  • 時の蛇 - 新雨月物語 (実業之日本社、1988年)
  • 白の霊異記 (講談社、1988年)
  • エメルダの天使 (集英社文庫、1988年)
  • 黄金迷宮 (徳間書店(トクマノベルズ)、1988年)
  • エンジェルの館 (集英社文庫、1989年)
  • 呪文の惑星 上下 (大陸書房 (大陸ノベルス)、1989年)
  • 秩父夜祭り殺人囃子 (中央公論社(C・NOVELS)、1989年)
  • 夢のアマルー (徳間書店(トクマノベルズ)、1989年)
  • あのこをさがす旅 (理論社、1990年)
  • 鳥人記 1 翁の神歌 (大陸書房 (大陸ノベルス)、1990年)
  • 鳥人記 2 風の絵文字 (大陸書房 (大陸ノベルス)、1990年)
  • 国境のない地図 (徳間書店、1991年)
  • 鳥人記 3 時の迷宮 (大陸書房 (大陸ノベルス)、1991年)
  • イラストで読む雨月物語 (学研、1992年)
  • 首塚巡礼花魁道中 (現代書館、1998年)
  • 夢熊野 (集英社、2002年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 和歌山県新宮市 委員長挨拶
  2. ^ 首塚巡礼花魁道中/紀和 鏡 - 本:hontoネットストア
  3. ^ 新宮市観光協会 - 中上健次と熊野大学
  4. ^ 夢熊野 / 紀和 鏡【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  5. ^ マージナル一覧 |現代書館
  6. ^ 『夢熊野』(長編歴史小説) - みどころ紀州路 - きのくに風景讃歌