冥王まさ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

冥王 まさ子(めいおう まさこ、1939年11月25日 - 1995年4月21日)は、日本作家翻訳家。 翻訳家としての筆名は原 麗衣(はら あきえ)。本名の柄谷(原)真佐子での翻訳もある。

経歴[編集]

東京出身。お茶の水女子大学英文科卒、東京大学大学院英文学専攻修了。 修士論文はローレンス・スターン。同大学院で柄谷行人と知り合い、1965年結婚。 アナイス・ニンの日記の翻訳などを行う。 専任の職を大学紛争で辞した後[1]、柄谷の1975年の渡米に同行。 1979年「ある女のグリンプス」で文藝賞受賞、以後、作家、翻訳家として仕事をする。 柄谷と離婚後、カリフォルニア州サクラメント滞在中に動脈瘤破裂のため死去。

占星術に深い関心を抱いていた。晩年はルドルフ・シュタイナーを学ぶ。

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 河出文庫版『天馬空を行く』柄谷行人解説参照