中上紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中上 紀(なかがみ のり、女性、1971年1月29日 - )は、日本の小説家。

中上健次紀和鏡夫妻の子として東京都国分寺市[1]に生まれる。高校、大学時代の10年間をカリフォルニアハワイで過ごす。ハワイ大学芸術学部卒、東洋美術を学ぶ。アジア各地を旅行し、1999年、ビルマ紀行を上梓し、「彼女のプレンカ」ですばる文学賞受賞、以後、作家、紀行文作家として活躍する。

著書[編集]

  • イラワジの赤い花 ミャンマーの旅 (集英社、1999年)
  • 彼女のプレンカ (集英社、2000年 のち文庫)
  • パラダイス (恒文社21、2001年)
  • 悪霊 (毎日新聞社、2002年)(アジア・ノワール)
  • いつか物語になるまで (晶文社、2004年)
  • 夢の船旅 父中上健次と熊野 (河出書房新社、2004年)
  • 再びのソウル「記憶」 (荒木経惟と共著 アートン、2004年10月)
  • アジア熱 (太田出版、2004年)
  • シャーマンが歌う夜 (作品社、2005年)
  • リオ 旅に出た川 (黒田征太郎ニーナ・コルニエッツ訳 アートン、2005年)
  • 水の宴 (集英社、2005年)
  • 蒼の風景 (アートン、2006年)
  • 月花の旅人 (毎日新聞社、2007年)
  • 海の宮 (新潮社、2009年)
  • 熊野物語 (平凡社、2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.458