粟野学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あわの まなぶ
粟野 学
生誕 (1956-02-07) 1956年2月7日(62歳)
山形県山形市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 東北大学
職業 銀行家
活動期間 1979年 - 現在
活動拠点 東北地方
肩書き きらやか銀行代表取締役頭取
任期 2008年4月1日 - 現在
前任者 長谷川憲治
配偶者 あり

粟野 学(あわの まなぶ、1956年(昭和31年)2月7日 - )は、日本銀行家きらやか銀行代表取締役頭取。 じもとホールディングス代表取締役社長。 

人物・来歴[編集]

山形県山形市出身。東北大卒業後、山形相互銀行入行。同行および山形しあわせ銀行トップをあわせて40年あまり務め、安岡正篤を敬慕し人間教育に力を入れた澤井修一からは薫陶を受けた[1]。営業店勤務は5年程で、キャリアの大部分は本部勤務として過ごし、第二地方銀行協会への出向経験も有する[2]

2007年5月、同様に山形市に本店を置く殖産銀行との合併によって発足したきらやか銀専務に就任。翌年4月1日、経営陣の刷新によって頭取に昇格した[3]。トップ就任にあたって不祥事で業務改善命令を受けたことに加え、店舗統廃合、人員削減、3期連続赤字の事態から沈滞していた行内に経営の旗印を示すべきだと、2010年に経営理念として「本業支援」を掲げ、行員に奮起を促した[4]。そして、劣化していた「聞く力」を強化するため行員に研修を実施した。さらに組織改革にも手を付け、本部に顧客の情報を管理する「情報トレーダー」を配置。また2011年には、粟野の発案で本業支援を受けた事業者が出演するコマーシャル「共に活きる」シリーズの製作を決定。そのCMは通覧した金融庁幹部からも好評を博した[5]。このほか、2015年10月には個人向けリテール業務を手掛ける6店を統合の上、事業者向け本業支援をさらに強化していく方針も打ち出した[6]

これらに加え、2012年10月1日には企業風土も似ており、かねてから交流のあった[7]三井精一仙台銀行頭取(当時)のもとに足繁く通ったことによって[8]経営統合を実現。じもとHDの社長に就任している。

略歴[編集]

  • 山形県立山形東高校入学、宮城県仙台第二高等学校編入学卒業。
  • 1979年(昭和54年)- 東北大学法学部卒業後、山形相互銀行入行。
  • 2001年(平成13年)- 山形しあわせ銀行(1989年(平成元年) 普銀転換。改称)取締役総合企画部長委嘱。
  • 2005年(平成17年)- 専務取締役、きらやかホールディングス専務取締役。
  • 2007年(平成19年)- 合併、きらやか銀行代表取締役専務。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月1日- きらやか銀行代表取締役頭取。
    • 6月 - きらやかホールディングス代表取締役社長。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - じもとホールディングス代表取締役社長。

脚注[編集]

  1. ^ 『捨てられる銀行』p.214
  2. ^ 「談論風発 きらやか銀行頭取 粟野学 合併を機に発想を転換、行動して"進化"する銀行へ」『週刊金融財政事情』 2008年9月1日号
  3. ^ “編集長インタビュー きらやか銀行頭取 粟野 学氏”. やまがたコミュニティ新聞. (2008年5月9日). http://www.yamacomi.com/316.html 2014年3月27日閲覧。 
  4. ^ 『捨てられる銀行』p.213 - 215
  5. ^ 『捨てられる銀行』p.218
  6. ^ 『捨てられる銀行』p.220 - 221
  7. ^ 「大規模化で活路探る きらやか銀・仙台銀、来年10月持ち株会社」『朝日新聞』宮城版 2010年10月27日
  8. ^ “全国縦断ルポ 地銀水面下の攻防 東北 やり手頭取次の一手”. 週刊ダイヤモンド. ダイヤモンドオンライン. (2014年5月31日). http://diamond.jp/articles/-/53804 2015年4月16日閲覧。 

参考文献[編集]