三井精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三井 精一(みつい せいいち、1942年(昭和17年)7月11日 - )は、日本の銀行家仙台銀行相談役。

来歴・人物[編集]

宮城県出身。東北学院大学卒業後、当時の振興相銀入行。枢要店での勤務を担うなど、営業の第一線を歩んだ[1]

在任が約8年に及んだ、日下睦男の後任として末席常務より抜擢され、2001年(平成13年)頭取に就任する。

頭取在任時にはきらやか銀行との経営統合に手腕を発揮したほか、震災後もいち早く公的資金の注入を受け入れた上、勘定系システムのリプレースも完了させるなど、業績回復の道筋を付け[2]、2013年6月、じもとHD会長・仙銀頭取を退任。仙銀の代表権のない会長を経て、2014年6月、相談役に退いた[3]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ニッキン縮刷版 38版 2001年』日本金融通信社、 2002年。
  2. ^ “頭取に鈴木氏、仙台銀が発表”. 日本経済新聞. (2013年4月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF2600S_W3A420C1EE8000/ 2014年3月27日閲覧。 
  3. ^ “入行48年、現場主義貫く 仙台銀行・三井会長が退任”. 河北新報. (2014年6月25日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140625_72010.html 2014年6月25日閲覧。 
  4. ^ 日本経済新聞 2010年10月26日