米澤好史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米澤 好史
人物情報
全名 米澤 好史
(よねざわ よしふみ)
生誕 1961年54歳??
日本の旗 日本奈良県桜井市
出身校 京都大学文学部
京都大学大学院文学研究科
学問
時代 20世紀
21世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 心理学
臨床発達心理学発達支援
愛着障害発達障害認知心理学
学習支援・思考支援
研究機関 和歌山大学
テンプレートを表示

米澤 好史(よねざわ よしふみ、1961年 - )は、日本心理学者。専門は、臨床発達心理学(攻撃行動いじめ不登校への支援,生徒指導)、発達支援(愛着障害発達障害への支援、子育て支援)、認知心理学実践教育心理学(学習支援思考支援)。和歌山大学教育学部教授[1]

略歴[編集]

奈良県桜井市生まれ。桜井市立織田小学校東大寺学園中学校・高等学校を経て1984年京都大学文学部卒業。1986年京都大学大学院文学研究科修士課程修了。1988年京都大学大学院文学研究科博士後期課程中退[2]

1988年和歌山大学教育学部助手、1992年同専任講師、1995年同助教授を経て、2004年から教授。2009年~2010年副学部長併任[1]

活動[編集]

子育て・保育所・幼稚園・小学校・学童保育・中学校・高等学校・特別支援学校・専門学校、福祉施設、医療施設等の保育・教育・福祉の現場に出向き、直接、こどもを観察した上で、見立てとその支援の実践、または、指導・支援・かかわりの助言、アドバイスを行う実践的研究に従事。愛着障害発達障害と峻別して、愛着の問題を抱えたこどもへの支援、愛着障害への対応愛着障害への支援、攻撃行動への支援に特色がある。特に、愛着修復は、保育、教育の現場で、「いつでも」「誰にでも」できるの視点から、愛着形成・修復の支援の可能性を訴えている。また、愛着の問題を抱えるこどもへの学習支援、クラスづくり、保護者支援、愛着の問題の視点からのいじめ支援、不登校支援にも力を入れている[3]

著作[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

共著[編集]

論文[編集]

  • 学校現場における学校心理学研究の動向と課題-こどもとこどもを取り巻く環境への支援の方向性を探る-(教育心理学年報、2015年)
  • 「愛情の器」モデルに基づく愛着修復プログラムによる支援-愛着障害・愛着の問題を抱えるこどもへの支援-(臨床発達心理実践研究、2015年)
  • 愛着障害・愛着の問題を抱えるこどもの理解と支援-愛着の問題のアセスメントと「愛情の器」モデルに基づく愛着支援プログラムによる支援- (日本学校心理士会年報,2016年)
  • 愛着の問題を抱えるこどもの理解と支援-愛着障害と発達障害の違いと対応- 学校教育相談(ほんの森出版),2016年)

学会[編集]

[4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 和歌山大学HPによる。
  2. ^ 株式会社システムブレーンSBマーケットHPによる。
  3. ^ 和歌山大学HP・著作『愛情の器モデル』に基づく愛着修復プログラムによる支援(米澤好史,2015年,福村出版)による。
  4. ^ 株式会社システムブレーンSBマーケットHP・著作『愛情の器モデル』に基づく愛着修復プログラムによる支援(米澤好史,2015年,福村出版)による。