篠原徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

篠原 徹(しのはら とおる、1945年 - )は、日本民俗学者。国立歴史民俗博物館総合研究大学院大学名誉教授、滋賀県立琵琶湖博物館館長[1]人間文化研究機構理事。 

中国長春市生まれ。1969年京都大学理学部植物学科卒業。1971年、同文学部史学科卒業。岡山理科大学助教授、国立歴史民俗博物館教授、総合研究大学院大学教授。1995年、「海と山の民俗自然誌 -海村・山村の生活に関する生態学的視点」で筑波大学博士(文学)[2]2010年、定年、名誉教授、滋賀県立琵琶湖博物館館長[1]日本民俗学会会長を務めた[3]。専門は民俗学、生態人類学。

著書[編集]

  • 自然と民俗 心意のなかの動植物 日本エディタースクール出版部, 1990.4
  • 海と山の民俗自然誌 吉川弘文館 1995.2 (日本歴史民俗叢書)
  • アフリカでケチを考えた エチオピア・コンソの人びとと暮らし 筑摩書房 1998.3 (ちくまプリマーブックス)
  • 自然とつきあう 小峰書店 2002.11 (自然とともに)
  • 自然を生きる技術 暮らしの民俗自然誌 吉川弘文館 2005.12 (歴史文化ライブラリー)
  • 自然を詠む 俳句と民俗自然誌 飯塚書店 2010.12

共編著[編集]

  • 民俗の技術 朝倉書店 1998.5 (現代民俗学の視点)
  • 近代日本の他者像と自画像 柏書房 2001.5
  • エスノ・サイエンス 寺嶋秀明共編著 京都大学学術出版会 2002.6 (講座・生態人類学)
  • 越境 朝倉書店 2003.6 (現代民俗誌の地平)
  • 生活世界からみる新たな人間-環境系 大塚柳太郎,松井健共編 東京大学出版会 2004.5 (島の生活世界と開発
  • 中国・海南島 焼畑農耕の終焉 東京大学出版会 2004.2 (島の生活世界と開発)
  • グリーンライフ入門 都市農村交流の理論と実際 佐藤誠,山崎光博共編 農山漁村文化協会 2005.5 (農学基礎セミナー)

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 研究室:学芸職員 篠原徹”. 滋賀県立琵琶湖博物館. 2013年2月20日閲覧。
  2. ^ 海と山の民俗自然誌 -海村・山村の生活に関する生態学的視点 篠原徹”. 国立国会図書館. 2013年2月20日閲覧。
  3. ^ 研究会・シンポジウム・学会などのお知らせ 公開講演「神秘化された森と環境保護運動―ドイツの事例より」”. 国立民族学博物館. 2013年2月20日閲覧。