筆谷芳行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

筆谷 芳行(ふでたに よしゆき、1964年4月15日[1] -(54歳) は、漫画編集者少年画報社取締役編集担当[2][3]コミックマーケット(通称コミケ)準備会共同代表(第3代)。通称「フデタニン」。明治大学経営学部卒業。

人物[編集]

コミケスタッフとして[編集]

17歳~18歳のころから、長くコミケカタログ編集長などコミケスタッフをつとめた。2006年9月30日、闘病のため退任した米澤嘉博コミケ準備会代表の指名により、後任に共同代表として安田かほる市川孝一と共に就任[4]。なお、米澤は翌10月1日に逝去。新体制によるコミケはC71(2006年冬コミ)から。

また、準備会には「筆谷さんに続き米沢さんまで」などと、先に筆谷が亡くなっていたと勘違いした手紙が十数通寄せられたという(2003年に死去した岩田次夫(通称イワエモン)との混同とされる[5])。

Dr.モローによるコミケカタログ穴埋め漫画フデ子伝説』の主人公フデ子のモデルである。なお、『フデ子伝説』には、筆谷芳行自身もカタログ編集長・コミケ代表としてときおり登場する。また、モローの身辺雑記である『Dr.モローのリッチな生活』にも登場するが、こちらは実在の人物は基本的に目線入りである。目線のない似顔絵で描かれた場合、フデ子との違いは口紅の有無のみ。

少年画報社の編集者として[編集]

少年画報社では、ヤングキング編集長を経て、ヤングキングアワーズヤングコミック両誌の編集長とあわせてヤングキンググループ全体の統括を担当。2016年6月20日付で前2誌の編集長を兼務したまま取締役編集担当に就任した[2]

アワーズでは、トライガンコミックマスターJHELLSINGなどを担当。掲載作品を原作とするアニメのいくつかで、企画などの名義でスタッフとなっている。

参加作品[編集]

その他[編集]

  • 夫人は、ブラック・ラグーンのアニメにおいても広報・宣伝としてクレジットされている、小学館の編集者の筆谷利佳子。
  • 野球殿堂博物館広報の筆谷敏正は実兄。
  • 好きなものはビール。嫌いなものはぬるいビールと焼酎で、決して飲まない。
  • 明治大学では漫画研究会に所属。同時期の会員に高田裕三高杉ナツメがいる。
  • 沢田研二の大ファン。コミケカタログや本人のTwitterで沢田に関して語られることがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人がtwitterで言及。
  2. ^ a b FUDE0415のツイート(744779157003870208)
  3. ^ 過去の人事ニュース2016年5〜6月,新文化,2016年6月28日
  4. ^ 米沢嘉博の代表の退任と新しい共同代表の就任について(コミックマーケット準備会発表)
  5. ^ 2004年5月2日に行われた「岩田次夫さん(イワえもん)を偲ぶ会」の落書きコーナーに、筆谷が亡くなったと勘違いしている人に突っ込む内容の2コマ漫画をDr.モローが描いている。

外部リンク[編集]

その他の役職
先代:
米澤嘉博
コミックマーケット準備会代表
安田かほる市川孝一と共同
第3代:2006 -
次代:
(現職)