亜庭じゅん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あにわ じゅん
亜庭 じゅん
生誕 松田 茂樹
1950年8月31日
日本の旗 日本愛知県名古屋市
死没 (2011-01-21) 2011年1月21日(60歳没)
死因 肝臓癌
出身校 京都大学
団体 迷宮
著名な実績 迷宮主要メンバーの一人
MGM創設者

亜庭 じゅん(あにわ じゅん、1950年8月31日[1] - 2011年1月21日男性)は日本漫画評論家愛知県名古屋市出身。迷宮の主要メンバーの一人であり、MGMの創設者。本名は松田 茂樹(まつだ しげき)[2]

経歴[編集]

京都大学[3]在学中にサークル「構雄会」の元、『漫画ジャーナル』を発刊[4]。1974年に映画制作会社への就職のため東京へ移り住み[3]、「コミック・プランニング・サービス」と合併し、漫画批評集団「迷宮」を発足。メンバーの一人として活動し、同人誌『漫画新批評体系』では主筆を務めた。その後、米澤嘉博らと「コミックマーケット」を開始する。

その後、「コミックマーケット」の拡大と共に距離を置くようになり、1980年に自ら代表になり、創作漫画専門の同人誌即売会「まんが・ミニ・マーケット」を「コミックマーケット」の補完を目的として開催。1981年にこれを「MGM」と改称、規模の拡大に足をとられることを拒否し、単純に市場であることよりも同人誌がやりとりされる「場」としてのありかたを模索しつつ開催を続け、即売会と同人誌のメディアとしての可能性とコミュニケーションの方法を様々な試みで模索し続けた。そして1983年7月を最後に、亜庭は評論から離れ、漫画創作やMGM開催に注力することとなった[5]

「MGM」の模倣から始まった「COMITIA」が拡大していく一方、「MGM」は縮小の道を辿り、生前最後に開催されたMGM97(2007年)には参加サークルも30~40と小規模化していた。最後まで、自前のホームページやチラシを作ることは無く[6]、「COMITIA」の代表者である中村公彦に「MGMを終わらせたいんじゃないんですか?」と問われた際は「終わらせ方が判らないんだよ。」と答えていた[7]

2008年には朝日新聞出版が復刊した石ノ森章太郎の『竜神沼』にAJ名義で25年ぶりに解説を執筆[5]。これが評論の最後の仕事となった[8]。2011年1月21日、肝臓ガンで死去。同年暮れには亜庭の遺稿集『亜庭じゅん大全』が迷宮より刊行された。亜庭が世を去ってから初のMGM(98回目)は、死去1年の翌日となる2012年1月22日に開催された。

脚注[編集]

  1. ^ 亜庭じゅん大全. 日本: 迷宮'11. (2011). pp. p12. 
  2. ^ COMITIA事務所blog「2011年1月21日 訃報」 参照
  3. ^ a b 霜月たかなか (2008). コミックマーケット創世記. 日本、東京都: 朝日新書. pp. p84. ISBN 978-4-02-273250-7. 
  4. ^ コミケットを始めた頃 参照
  5. ^ a b 亜庭じゅん大全. 日本: 迷宮'11. (2011). pp. p421. 
  6. ^ ただし、スタッフ公認のサイトは存在しているほか、亜庭の逝去後はスタッフによる公式ブログが開設されている。
  7. ^ ティアズマガジン VOL.95 4ページ「亜庭じゅんさんへ、-」参照
  8. ^ 備忘録「2011年1月21日 今日の更新」 参照

参考文献[編集]

関連項目[編集]