笹森礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笹森 礼子(ささもり れいこ 1940年9月9日 - )は、日本の元俳優歌手である。

経歴[編集]

東京都大田区出身、A型。

頌栄女子学院高等学校在学中から、TBS日真名氏飛び出す』にレギュラーとして出演し、舛田利雄監督『青年の樹』(1960年4月29日)の脇役でスクリーン・デビューした。東宝映画『娘・妻・母』出演後、日活と契約し、森永健次郎監督『美しき別れの歌』(1960年5月1日)で二谷英明の相手役に抜擢される。浅丘ルリ子に次ぐ青春スターとして数多くのヒロインをこなした(特に赤木圭一郎とは多くのコンビ作がある)が、1965年に結婚、引退した。滝沢英輔監督『男の紋章 喧嘩街道』が最終作となった。

出演映画[編集]

1960年
1961年
1962年
1963年
1964年
1965年

ディスコグラフィー[編集]

笹森のレコード吹き込みは以下の3曲と思われる。この他に、ソノシートで発売された単独歌唱作品もある(曲名不明)。

外部リンク[編集]