第21回インディペンデント・スピリット賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第21回インディペンデント・スピリット賞は、2006年3月4日に発表・授賞式が行われた。授賞式の司会はコメディアンサラ・シルヴァーマン

作品賞を受賞したのは、アン・リー監督作『ブロークバック・マウンテン』。最多候補作だった『イカとクジラ』は1部門も受賞しなかった。

作品別の候補数と受賞[編集]

候補数 作品名 候補部門(太字は受賞) 受賞数
6
イカとクジラ 作品賞監督賞主演男優賞主演女優賞助演男優賞脚本賞
4
ブロークバック・マウンテン 作品賞監督賞主演男優賞助演女優賞 2
カポーティ 作品賞主演男優賞脚本賞撮影賞 2
グッドナイト&グッドラック 作品賞監督賞主演男優賞撮影賞 1
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 作品賞助演男優賞脚本賞撮影賞
3
美しい人 監督賞助演女優賞脚本賞
トランスアメリカ 第一回作品賞主演女優賞第一回脚本賞 2
2
クラッシュ 第一回作品賞助演男優賞 2
Junebug 助演女優賞第一回脚本賞 1
ラッカワナ・ブルース 街角の女神 第一回作品賞主演女優賞
君とボクの虹色の世界 第一回作品賞第一回脚本賞
Room ジョン・カサヴェテス賞主演女優賞
The War Within 助演男優賞脚本賞
1
Conventioneers ジョン・カサヴェテス賞 1
エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? ドキュメンタリー映画賞 1
パラダイス・ナウ 外国映画賞 1

The Beautiful Country、Brick、ブロークン・フラワーズ、ラザレスク氏の最期、ダック・シーズン、Fixing Fran、
Forty Shades of Blue、グリズリーマン、ハッピー・エンディング愛より強くハッスル&フロウ、Jellysmoke、Keane、La Sierra、
ラストデイズミステリアス・スキン、Our Very Own、The Puffy Chair、Romántico、Sir! No Sir!、トニー滝谷サムサッカー

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞

作品賞[編集]

賞はプロデューサーへと授与される

第一回作品賞[編集]

賞は監督とプロデューサーに授与される

ジョン・カサヴェテス賞[編集]

賞は脚本家と監督とプロデューサーに授与される

  • Brick
  • Conventioneers
  • Jellysmoke
  • The Puffy Chair
  • Room

監督賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

脚本賞[編集]

第一回脚本賞[編集]

撮影賞[編集]

ドキュメンタリー賞[編集]

賞は監督に授与される

外国映画賞[編集]

賞は監督に授与される