エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?
Enron: The Smartest Guys in the Room
監督 アレックス・ギブニー
脚本 アレックス・ギブニー
製作 アレックス・ギブニー
ジェイソン・クリオット
スーザン・モタメド
アリソン・エルウッド
製作総指揮 トッド・ワグナー
マーク・キューバン
ジョアナ・ヴィセント
ナレーター ピーター・コヨーテ
音楽 マット・ハウザー
撮影 マリース・アルベルティ
編集 アリソン・エルウッド
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 ファントム・フィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年4月22日
日本の旗 2006年11月18日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』 (Enron: The Smartest Guys in the Room) は、アレックス・ギブニーが監督した2005年のドキュメンタリー映画

概要[編集]

フォーチュン誌の記者ベサニー・マクリーンおよびピーター・エルカインドによる2003年のベストセラー・ノンフィクション小説『The Smartest Guys in the Room』を原作とするこの映画は、経営者の刑事訴追にまで発展した2001年に起きたアメリカの大企業エンロンの破綻の経緯や、同社のカリフォルニア電力危機への関与を、原作者2人のほか、エンロンの役員や従業員、株式分析家、元カリフォルニア州知事グレイ・デイヴィスらへのインタビューを通じて描く。

第21回インディペンデント・スピリット賞ドキュメンタリー映画賞を獲得したほか、第78回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされた。

評価[編集]

本作は非常に高い評価を得た。Rotten Tomatoesによると117個のレビューのうち97%の支持を獲得しており、「新鮮」に認定されている[1]Metacriticも37個の批評から82/100という「広く好意的な評価」の加重平均値を示している[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Enron: The Smartest Guys in the Room (2005)” (英語). Rotten Tomatoes. Flixster. 2010年11月25日閲覧。
  2. ^ Enron: The Smartest Guys in the Room” (英語). Metacritic. CBS Interactive. 2010年11月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]