空中の悲劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
空中の悲劇
'A Drama in the Air' by Émile Bayard 3.jpg
著者 ジュール・ヴェルヌ
イラスト Émile Bayard
発行日 1851年
発行元 ピエール=ジュール・エッツェル (Pierre-Jules Hetzel)
ジャンル 科学小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

空中の悲劇』(くうちゅうのひげき、原題 : Un drame dans les airs )は、1851年に発表されたジュール・ヴェルヌの短編科学小説。

概要[編集]

1851年8月に『Musée des familles』誌に『La science en famille. Un voyage en ballon』の題名で掲載され、1874年にヴェルヌの存命中に唯一刊行された短篇集である『オクス博士の幻想』に収録された。1844年に『ザ・サン』紙に掲載されたエドガー・アラン・ポーの『軽気球夢譚』(The Balloon-Hoax)の影響が垣間見られる。1863年にはヴェルヌの出世作となる『気球に乗って五週間』が執筆された。

あらすじ[編集]

フランス人から来た気球乗りがフランクフルトから離陸しようとしていると、突如現れた青白い顔の青年が乗り込み物語が始まる。

登場人物[編集]

  • 気球乗り (l'aéronaute) - フランス出身の気球乗りで、3人のドイツ人と共にフランクフルトの上空を飛行する予定だったが、他の3人は参加を辞退した。
  • 青白い顔の青年 (le jeune homme pâle) - 気球に詳しい青白い顔のフランス人の青年。。

日本語訳[編集]

  • 『空中のドラマ』重本利一・前原昌仁(訳)、第三書房、1969年 - フランス語学習者のための参考書。
  • 『空中の悲劇』江口清(訳)、パシフィカ、1979年 - 『洋上都市』に収録。

外部リンク[編集]