気球に乗って五週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原書の扉(リウー&ド・モントー画)

気球に乗って五週間』(ききゅうにのってごしゅうかん、Cinq semaines en ballon )は、 1863年に刊行されたジュール・ヴェルヌの長編冒険小説。原題はCinq semaines en ballon: voyage de découvertes en afrique par trois anglais(気球に乗って五週間 - 三人のイギリス人によるアフリカ探検の旅)。題名の通り三人のイギリス人を主人公に、気球によるアフリカ探検(特に、当時は未知であったナイル川の源流探索)が描かれる。

ヴェルヌ34歳の作品で、巨大な熱気球を建造していた写真家ナダールと知り合い、それに触発されて本作を書き上げたとよく言われるものの、確かではない。そもそもナダールが気球・巨人号を打ち上げる計画を立てたのは『気球に乗って五週間』の刊行より後のことであり、ヴェルヌがナダールと知り合ったのもおそらくその頃のことである。ナダールの気球の方は失敗に終わったものの、ヴェルヌは本作の成功により一躍人気作家の仲間入りを果たした。

登場人物[編集]

  • サミュエル・ファーガソン博士(Samuel Fergusson):探検家にして発明家。自作の気球でナイルの源流を目指す。
  • ディック・ケネディ(Dick Kennedy):ファーガソンの親友でカービン銃の名手。
  • ジョー(Joe / Joseph Wilson):忠実で楽天家の従僕。

日本語版[編集]

  • 「空中旅行三十五日」 訳:塩谷太郎、偕成社(名作冒険全集36)、1958年
  • 「アフリカ横断飛行」 訳:亀山竜樹、学習研究社(少年少女ベルヌ科学名作全集5)、1964年
  • 「気球に乗って五週間」 訳:手塚伸一、集英社コンパクト・ブックス(ヴェルヌ全集第7)、1968年
  • 「アフリカ横断三十五日」 訳:土居耕、岩崎書店(ベルヌ冒険名作選集3)、1969年
  • 「気球にのって五週間」 訳:塚原亮一、偕成社(ベルヌ名作全集15)、1969年
  • 「気球旅行の五週間」 訳:江口清、パシフィカ、1979年
  • 「気球に乗って五週間」  訳:手塚伸一、集英社文庫(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)、1993年

映画化作品[編集]

詳細は「気球船探険」の項を参照。

外部リンク[編集]