皇帝の密使ミハイル・ストロゴフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
皇帝の密使ミハイル・ストロゴフ
'Michael Strogoff' by Jules Férat 02.jpg
著者 ジュール・ヴェルヌ
イラスト Jules Férat
発行日 1876年
発行元 Pierre-Jules Hetzel
ジャンル 冒険小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
形態 文学作品
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

皇帝の密使ミハイル・ストロゴフ』(こうていのみっしミハイル・ストロゴフ、原題 : Michel Strogoff )は、1876年に刊行されたジュール・ヴェルヌ小説

概要[編集]

ロシアが舞台で、アレクサンドル2世に仕えるミハイル・ストロゴフが活躍する。

登場人物[編集]

  • ミハイル・ストロゴフ (Michel Strogoff) - アレクサンドル2世に仕える
  • マルファ (Marfa Strogoff)
  • イワン・オガリョフ (Ivan Ogareff)
  • サンガル (Sangarre)
  • フェオファル=ハン (Féofar-Khan)
  • ニコラス・ピガソフ (Nicolas Pigassof)

日本語訳[編集]

  • 『皇帝の密使』亀山竜樹(抄訳)、岩崎書店、1966年
  • 『皇帝の密使』新庄嘉章(訳)、集英社、1967年
  • 『皇帝の密使ミハイル・ストロゴフ』江口清(訳)、パシフィカ、1979年

外部リンク[編集]