イングランド・スコットランド後ずさり旅行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イングランド・スコットランド後ずさり旅行
著者 ジュール・ヴェルヌ
ジャンル 冒険小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

イングランド・スコットランド後ずさり旅行』(イングランド・スコットランドあとずさりりょこう、原題 : Voyage en Angleterre et en Écosse )は、ジュール・ヴェルヌ小説。1859年に書かれたが、1989年まで刊行されなかった。

概要[編集]

ジュール・ヴェルヌの最初期の作品で、『気球に乗って五週間』の前に1859年に 『イングランド・スコットランド旅行』(Voyage en Angleterre et en Écosse)として執筆されたものの、編集者であるジュール・エッツェルに却下されて長らくお蔵入りになっていた。1989年に 『イングランド・スコットランド後ずさり旅行』(Voyage à reculons en Angleterre et en Écosse)として出版された。

後年、SFを主体とするヴェルヌだが、当時はまだ路線を模索している過程だった。

あらすじ[編集]

ジャックとジョナサンという2人のパリの出身者がイングランドスコットランドを訪問する物語。

登場人物[編集]

  • ジャック・ラバレット (Jacques Lavaret)
  • ジョナサン・サヴォーナン (Jonathan Savournon)
  • ダーウント氏 (Mr Daunt)

脚注[編集]

[ヘルプ]