稲垣中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲垣 中(いながき あたる、1966年 - )は、日本医学者青山学院大学国際政治経済学部教授。専門は臨床精神医学、薬剤疫学。

略歴[編集]

東京都練馬区出身[1]。1985年慶應義塾高等学校、1992年慶應義塾大学医学部卒業。2001年博士(医学)[2]

慶大病院山梨県立北病院勤務、国立精神・神経センター精神保健研究所客員研究員を経て、2002年慶大医学部精神神経科学教室助手、2007年准教授。2013年青山学院大学国際政治経済学部教授。 2009年より東邦大学薬学部客員教授を兼務。

著書[編集]

  • 『デポ剤による精神科治療技法のすべて』(共著、星和書店、1995年)
  • 『向精神薬の等価換算』(星和書店、1999年)
  • 『統合失調症の薬物療法』(共著、アルタ出版、2006年)
  • 『統合失調症の薬物療法100のQ&A』(共編、星和書店、2008年)
  • 『精神疾患の薬物療法ガイド』(共著、星和書店、2008年)
  • 『服薬支援とケアプランに活かす非定型抗精神病薬Q&A』(共編、医学書院、2012年)
  • 『HAMDを使いこなす ハミルトンうつ病評価尺度(HAMD)の解説と利用の手引き』(分担執筆、星和書店、2014年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 稲垣 中 - Facebook
  2. ^ 稲垣 中 - 青山学院大学 教員情報