秋草篤二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

秋草 篤二(あきくさ とくじ、1909年7月7日 - 2001年11月22日)は、日本実業家

群馬県出身。旧制太田中学校(のちの群馬県立太田高等学校)を経て、1934年に東京商科大学(現一橋大学)を卒業。AT&T留学、電気通信省経理局会計課長、日本電信電話公社理事(経理局長)、同社副総裁などを経て、第4代日本電信電話公社総裁に就任。一部では手法が独裁的であったとの評価もあるが、在任中は、「改良第6次5ヵ年計画」を実施。加入電話の積滞解消や全国自動即時化、自動車電話サービス(現在は、NTTドコモが継承)開始などサービス向上に努めた。1983年11月に勲一等瑞宝章を受章。富士通株式会社元社長・秋草直之の実父。

関連項目[編集]

先代:
米沢滋
日本電信電話公社総裁
第4代: 1977年 - 1981年
次代:
真藤恒