神戸の花街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神戸の花街(こうべのかがい/はなまち)では、神戸市に存在した花街、また遊廓について述べる。

江戸期[編集]

 神戸の前身、兵庫は瀬戸内海の港町として栄え、随時して遊廓も誕生した。日本髪の一種である「兵庫髷」の発祥の地である。

佐比江(さびえ)[編集]

 ”佐比江町”参照。

柳原[編集]

江戸時代天明年間に形成された花街。芸妓、娼妓の混在が高く明治15年(1882年)に「二枚鑑札」(芸妓、娼妓を兼ねて営業すること)が禁止され、娼妓は新設された「新川」に移住し、芸妓のみの花街となる。

明治期[編集]

福原遊廓[編集]

遊廓は神戸市兵庫区福原町に存在した。明治元年(1868年)、現在の神戸駅付近で開設。明治5年(1872年)、鉄道敷設により現在地の旧湊川右岸の福原町に移転。最盛期に貸座敷(妓楼)106件、娼妓903人、芸妓の検番(芸妓、料理屋を統括する場所)として大規模を誇った「共立検」には200人以上の芸妓がいた。しかし、神戸大空襲で焼失、戦後は赤線に移行、1958年売春防止法で遊廓廃止。現在はソープランド等の性風俗店がひしめく歓楽街となった。

新川[編集]

明治13年(1880年)、江戸期以来の花街、柳原から分離して設置された遊廓。

三宮[編集]

二宮[編集]

元町[編集]

西国街道(山陽道)の集落であった元町は明治6年(1873年)の時の県令、神田孝平による「散娼令」によって貸座敷が街道内で設置されたが福原に移転し、芸妓置屋と検番が残った。しかし、元町の商店街化に伴い徐々に花隈へ移動し自然消滅する。

花隈[編集]

元町にあった花街が消滅し、料理屋、芸妓置屋が現在の花隈町に移転。後に神戸随一の花街に成長する。

敏馬(みぬめ/みるめ)[編集]

神戸市灘区岩屋中町に位置する敏馬(にぬめ)神社の付近に花街が存在した。高速道路(阪神高速道路)が建ち、工業地である海岸は当時、風光明媚に恵まれていた。なお、「みぬめ」は地元では「みるめ」と発音されることがあった。

須磨寺[編集]

神戸市須磨区須磨寺付近に花街が存在した。大正期、桜の名所で知られる周辺に形成されたという。大正10年(1921年)、置屋9軒、芸妓110名であった。

大正、昭和期 [編集]

春日野新地[編集]

西新開地(二葉新地)[編集]

1945年3月16日の米軍の大空襲により福原等の遊廓が廃燼と化したため、1945年5月頃から福原新川(敏馬を含む)業者50余軒が長田区二葉町5丁目の花街に遊廓を移転開業した。 業者は移転後数年間は、当時の繁華街大正筋・六間道に近いこともあり相当栄えたが、地元の産業の経済的変動も手伝ってか、 一時300名を数えた従業婦も1957年4月には業者40軒程度に減少し、1958年3月中旬業者は解散した。

参考文献[編集]

  • 『神戸の花街・盛り場考 モダン都市のにぎわい』 加藤雅洋著、神戸新聞総合出版センター発行、2009年