湯女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

湯女(ゆな)とは、江戸時代初期の都市において、銭湯で垢すりや髪すきのサービスを提供した女性である。中世には有馬温泉など温泉宿において見られ、次第に都市に移入された。当初は垢すりや髪すきのサービスだけだったが、次第に飲食や音曲に加え売春をするようになったため、幕府はしばしば禁止令を発令し、江戸では明暦3年(1657年)以降吉原遊郭のみに限定された。禁止後は、三助と呼ばれる男性が垢すりや髪すきのサービスを行うようになり、現代に至る。あかかき女風呂屋者(ふろやもの)などの別称で幕府の禁止令を逃れようとした歴史があった。

概要[編集]

好色一代男』の「ぼんのうの垢かき、兵庫風呂屋者の事」には、あかかき女の図がある。3人のあかかき女が3人の男性客の背をそれぞれ洗っている。『好色訓蒙彙』にも似た図がある。

『筆拍子』には「延宝の頃、大阪の市中にあかすり女のありたる風呂屋十四軒」とある。慶長頃は各地に風呂屋が現れ、同時に多くの女を抱え、客の垢をかき、髪を洗いなどもし、入浴の後、茶や湯をすすめ、浮き世語りに戯れた(『慶長見聞集』)。江戸に湯女風呂が増えてからは、朝から風呂を焚いて入浴させたが、夜は七つ(16時ころ)で銭湯は終わりにし、風呂の上がり場にあてた格子の間をにわかごしらえの座敷にし、金屏風などをたてまわし、昼客の背を流した湯女は美服に着替え、化粧し、ここで三味線などを弾き、小唄などを歌った。

湯女私娼でありながら吉原と同じく堂々と店をはって営業し、寛政の頃は元吉原と相対する勢力となった。その中で美しい湯女を抱え、勢力があったのは「丹前風呂」の湯女で、そのあまりののさばりように慶安4年に幕府によって湯女は制限され、後に禁止された。

風呂屋者(風呂屋女)[編集]

寛永20年(1643年)の『色音論』(しきおんろん、別名『志きをんろん』あるいは『あづまめぐり』)のなかの一節に、「江戸時代寛永中盛んなりし」とある風呂屋女は、「お風呂を召しませ」、「お背中流しませう」などといい、かゆいところに手が届くサービスが喜ばれ、流行し、模倣され、江戸をはじめとし諸国で湯女が流行した。

湯女は制限されたので、江戸では別に、「風呂屋女」という名称を立て、表向きは職分を分け、湯女と同じく売春した。寛永6年(1629年)に、女歌舞伎が風紀を乱すとして禁止されると、風呂屋女と称して風呂屋が美女を置いて接客を始め、彼女らが女歌舞伎役者に代わる私娼として人気を集めた[1]。人気のあまり、吉原の公娼が風呂屋に出稼ぎに出ることもあり、慶安元年(1648年)に風呂屋禁止令が出たが、効果がなく、同年4年には風呂看板の売買を禁止、風呂屋女は一軒につき三人までとする制限を出すなど規制したが一向に効果がないため、明暦3年(1657年)に幕府によって200軒以上あった江戸町内の風呂屋が打ち壊された[1]。江戸では、元禄16年(1703年)の地震大火ののち、風呂屋の営業内容が一変し、公には純粋な銭湯が行なわれたが、上方ではなおも風呂女の売春が続いた。東京でも明治12~13年ごろまで、風呂屋の2階に2~3人の女を置き、売春が行なわれていた[1]

井原西鶴の「好色一代女」5に、「一夜を銀六匁にて呼子鳥、是伝授女なり。覚束なくて尋ねけるに、風呂屋ものを猿といふなるべし。くれ方より人によばれける」とあり、江戸では汗を流すというのに対し、上方では垢を掻くという意味で風呂屋者を「猿」と称した。「栄花咄」には、当時の風呂屋ものについて、「大臣にさそはれ、姉が小路の和泉風呂に入相の頃より行きて、吹かれてさつとあがり場に座して」、「同じ心の友あそび、皆でなんぼがものぞ、ありたけ出せと、丸行燈たばこぼん菓子盆を段々に、また気が替りておもしろし、かかりしものの後には、祇園町、島の内みな全盛のこととなれり。江戸も風呂屋茶屋のものより、散茶はじまりて、今の昼三二階にあがれば、これなり」とある。

元禄以後、上方で流行した名残としては、天保以後まで大坂島之内の娼家などが、「○○風呂」と称したことで知られる。『心中天網島』の主人公、小春も島之内の風呂屋女の出身である[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]