磯辺サタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磯辺サタ
ISOBE Sata
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Sata Isobe 1964.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1943年12月19日
ラテン文字 ISOBE Sata
身長 173cm
体重 59kg
選手情報
ポジション レフト
ブロック  
 
獲得メダル
オリンピック
1964 東京 バレーボール
世界選手権
1962 女子バレーボール
テンプレートを表示

磯辺 サタ(いそべ さた、女性、現姓・丸山、1943年12月19日 - 2016年12月18日)は、日本の元バレーボール選手。東京オリンピック金メダリスト。

来歴[編集]

幼少の頃に両親を亡くし、千葉県のおばの家で育つ。中学時代に学級担任にすすめられてバレーボールを始める[1]。卒業後、一時日紡貝塚に籍を置いたが、1年後に四天王寺高校に入学した。高校卒業後、再び日紡に入社。

1964年東京オリンピックでは日本代表チームの最年少メンバーとして出場し金メダルを獲得した。

1988年ソウルオリンピックに、長男(丸山繁守)が競泳選手(背泳ぎ)として出場している[2][3]

2016年12月18日、73歳の誕生日前日の夜に自宅で死去[4]。72歳没。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
四天王寺高校日紡貝塚

脚注[編集]