宮本恵美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮本 恵美子
Emiko Miyamoto
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Emiko Miyamoto 1964.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1937-05-10) 1937年5月10日(82歳)
ラテン文字 Emiko Miyamoto
身長 172cm
体重 60kg
選手情報
ポジション ライト
利き手
 
獲得メダル
バレーボール
オリンピック
1964 東京 女子
世界選手権
1960 リオデジャネイロ 女子
1962 モスクワ 女子
テンプレートを表示

宮本 恵美子(みやもと えみこ、現姓:寺山、1937年5月10日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。1964年東京オリンピックバレーボール女子金メダリスト。

来歴[編集]

和歌山県和歌山市出身。和歌山市立明和中学校[1]時代に近畿大会で優勝[2]和歌山商業高校在学中にスカウトされて、実業団の日紡貝塚(当時)に入部。

入部当初は不器用なタイプで、アタックは強烈だがレシーブやトスがこなせず、「試合に出られなくても球拾いで頑張る」と自分に言い聞かせて、2年間控えにまわる[2]。その姿を見続けてきた大松博文監督(当時)は「必ずモノになる」と確信したと述懐している[3]。しだいにトスやレシーブが上達し、チームが9人制から左アタッカーが有利な6人制にシフトしたこともあり、レギュラーを獲得した[2]東洋の魔女の一員として、1962年の世界選手権では優勝に大きく貢献しMVPを獲得、「世界一のアタッカー」と呼ばれた。つづく1964年10月の東京オリンピックでも金メダル獲得に大きく貢献した。

現役引退後の1965年3月に、元東京オリンピックバスケットボール強化コーチと結婚した。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
市立明和中和歌山商業高校日紡貝塚(1956-1964年)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
オリンピック - 1964年
世界選手権 - 1960年、1962年

脚注[編集]

  1. ^ 【東京五輪開幕から50年】メダリストからの“金”言!(4/5ページ)サンスポ 2014年10月10日
  2. ^ a b c 日立市在住 東洋の魔女 寺山恵美子さんに聞いてみたいばナビ
  3. ^ VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1964年9月号 76ページ

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1964年10月号 44-45ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1965年5月号 74ページ

外部リンク[編集]