石剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磨製石剣(吉野ヶ里遺跡出土)
有柄磨製石剣(吉野ヶ里遺跡出土)

石剣(せっけん/せきけん)は、縄文時代後期から晩期にかけての遺跡などから出土する石製品の遺物(石器)である。形状が武具である剣に類似することからこの名称が付けられている。この項目では、石刀(せっとう/せきとう)と共に紹介する。

概要[編集]

日本では縄文時代中期頃から登場するようになった石棒(男性器をかたどったものだが、縄文後期になるとこうした形状の物は減る)の加工技術から、一側縁もしくは両側縁に刃を付けたような横断面を呈する石剣・石刀の類が造られるようになる。石棒と同様、指揮棒として特定の人が権力を示す為に使ったとも、祭祀用具とも考えられている[1]が、実用的武具ではなかったという考えでは(考古学研究者の)見解は一致している。八幡一郎は、「石棒が武器として用いられたかは分からないが、あんな重い物を振り回すわけにはいかない」とし、武具ではなく、呪具と関連したものと捉えている[2]

大陸の青銅器との関連[編集]

喜田貞吉(大正15年)は、青森県津軽半島の宇鉄から出土した内反りの石刀を取り上げ、中国の先秦時代に用いられた青銅製刀子を縄文人が模造したものであると推定している。喜田説が発表されてから約30年後には、山形県鳥海山麓にある三崎山から青森県宇鉄出土の石刀と形状が類似する青銅製刀子が発見され、改めて石刀との関連が問題されるに至った。柏倉によれば、縄文後・晩期に現れる石刀は大陸からもたらされた青銅製刀子の模倣であるとしている[3]。このように研究者の中には、これらの石剣・石刀を縄文人が大陸の光り輝く青銅剣を観て模したものとみている。

分布に関する研究[編集]

後藤信祐の分類研究によると、石刀の内、刃部と反対の側縁が曲面で結ばれるものは、信濃川から豊川ライン以西の中部地方から近畿地方に濃密に分布する。これに対し、刃部と反対の側縁を二平面が挟むものは、東北地方から北海道地方にかけて分布する。

無頭石棒(刀)の内、一端に綾杉文などの彫刻を施す物は、奈良県橿原遺跡など近畿地方を中心に分布するのに対し、数条の沈刻などで一端を区画するだけの物は、秋田県柏子所貝塚など東北地方日本海側に分布する。

石刀は北陸地方を初めとする中部~東北~北海道へ、晩期中期を画期として伝播していき、普及したものと考えられている。

弥生時代における石剣[編集]

弥生時代中期頃より登場するようになった粘版岩製の磨製石剣は、縄文期の石剣とは異なり、銅剣形か鉄剣形か、どちらを模倣したかが明確に分かるほど精巧なものである。一例として、京都府宮津市の日置遺跡からは、長さ33.9センチの銅剣形石剣が耕作中に発見されている(当石剣は、現在、京都府立丹後郷土資料館の保管品)。

鉄剣形は身の断面形が扁平な菱形を成し、銅剣形は身の中央に突起をもち、その左右に溝をつけた有樋式のもので、弥生期の石剣はこの2つに大別される[4]

近畿における分布は、北部に銅剣形、南部に鉄剣形の分布圏があったという説が出されている[5]

弥生期の石剣の技術は朝鮮半島由来のものであり、朝鮮の初期金属器時代に造られた石剣は、剣身の部分に樋のあるものとないもの、柄の部分に茎だけのものや把手のこしらえを模したものなど、様々な形式があり、特に半島南部の碁盤型支石墓から発見された有柄式石剣は見事な出来栄えを示すものが多いとされ[6]、その精細な作りから実用品ではないとされる。

その他[編集]

  • 遠野物語』内の記述に、「~蓮台野の南方の星谷という地名にある遺跡から石斧・石刀の類が出づ」とあり、明治時代から確認されていることが分かる。逆に、記・紀、『万葉集』、各『風土記』等に石剣・石刀に関する記述がないことを考えれば、これらの存在は古墳時代中後期の時点で忘れ去られていることが分かる。
  • 前述の弥生石剣とはタイプが異なる磨製石剣の出土例もあり、木製の柄を有している。その形状から金属器を模したものではなく、実用石器とみられる[7]。長さは30センチ以下のタイプもあり、剣というより小型ナイフに近い。また、各国においても石剣と呼称される遺物の出土例がある。
  • 古墳時代における古墳の副葬品として、刀子の石製模造品があるが、これらは石刀とは呼称されない[8]

脚注[編集]

  1. ^ 藤森栄一 『石器と土器の話』 初版昭和44年 学生社 pp.97 - 98
  2. ^ 『現代の考古学』 初版昭和46年 学生社 p.69
  3. ^ 日本の考古学Ⅱ 縄文時代 鎌木義昌編 1965年 河出書房 pp.430 - 431より。図161に、山形県三崎山出土の刀子と青森県亀ヶ岡出土の石刀(青森大学蔵)の比較図がある。石刀の方は長さが30センチ以上あるとみられ、刀子より大きい。
  4. ^ 山田良三 『京都府山城町里屋敷出土の磨製石剣形石器』 1974年
  5. ^ 佐原真『大和川と淀川』 1970年
  6. ^ 松原三郎編 『東洋美術全史』 初版1972年 東京美術 p.18
  7. ^ 藤原哲『弥生時代の戦闘戦術』 2004年、殺生人骨から、背後から襲ったか、膝をついた状態の相手を上から背に向かって刺したかが想定される。どちらにしても、多くの人骨から、真正面での使用はなく、側・背面からの至近距離戦闘で石剣が使用されたとみられる。
  8. ^ 佐久間正明『東国における石製模造品の展開 -刀子形の製作を中心に-』 2009年など、古墳中期の王権祭祀に関わる。

参考文献[編集]

  • 藤森栄一 『石器と土器の話』 学生社
  • 『現代の考古学』 学生社
  • 日本の考古学Ⅱ 縄文時代 鎌木義昌編 初版1965年 河出書房
  • 後藤信祐 1986,1987 「縄文後晩期の刀剣形石製品の研究」(上・下)

関連項目[編集]