石棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本最大の石棒・北沢大石棒

石棒(せきぼう)は、縄文時代磨製石器の一つである。男根を模した呪術祭祀に関連した特殊な道具と思われる[1]

最大の石棒は長野県佐久穂町にある北沢大石棒で、長さ223cm、直径25cmである。

概要[編集]

住居内のの側で出土する事例が見られ火熱による損壊変色があることから、石棒は火と関連する祭祀で用いられた祭祀具と考えられる[2]。石棒の祭祀では「勃起→性行為→射精→その後の委縮」という男性器の一連の状態が「摩擦→叩打→被熱→破壊」として疑似的に見立てていたとされるものもある[3]。また、副葬された石棒もあるように、幾通りもの呪術的機能を持っていたことが推定される[4][5]

変遷[編集]

秋田県・山形県の丁岳山頂にある石棒

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山田 2019:204
  2. ^ 山田 2019:204
  3. ^ 山田 2019:204
  4. ^ 山田 2019:206
  5. ^ 谷口康浩 2006「石棒と石皿 象徴的生殖行為のコンテクスト」『考古学Ⅳ』

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 石剣
  • 石器
  • マラ石
  • ミシャグジ 諏訪を中心に中部地方全域、関東地方の一部、近畿地方の一まで広がる縄文中期頃を起源とした古代信仰の一つで、石棒や樹木を神体とする。

外部リンク[編集]