八幡一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八幡一郎(やわた いちろう、1902年4月14日 - 1987年10月26日)は日本の考古学者。 専攻は縄文時代民具の研究[1]

経歴[ソースを編集]

長野県諏訪郡平野村(現・岡谷市)に生まれる。1924年東京帝国大学(現・東京大学)理学部人類学科修了(選科生)、同副手。1934年(昭和9年)日本民族学会創立、発起人となる。後同科講師、東京国立博物館学芸部考古課長、東京教育大学教授、上智大学教授を歴任。

諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)時代に鳥居竜蔵に随行して長野県諏訪地方の考古学調査に同行[2]、その後東京帝国大学にて同じく鳥居竜蔵に人類学を学ぶ[3]

主要業績[ソースを編集]

  • 「土器・石器」(古今書院 1930)
  • 「日本石器時代文化」(鎌倉書房 1947)
  • 「日本史の黎明」(有斐閣 1953)
  • 「日本文化のあけぼの」(日本歴史叢書 吉川弘文館 1968)
  • 「年譜・著作目録」(上智史学18号 1973)

主要論文[ソースを編集]

  • 「南佐久郡の考古学調査」昭和3年
  • 「日本石器時代文化」昭和22年
  • 日本の乳棒石斧(「人雑」53の5)昭和13年,槇山次郎「中部地方」(「日本地方地質誌」)昭和25年
  • 越後中魚沼郡芋坂の土器概報(「人雑」51)

共著[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本史研究者辞典 p.337
  2. ^ 「諏訪史」大正13年 序文
  3. ^ 「八幡一郎著作集」より

参考文献[ソースを編集]