真長寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真長寺しんちょうじ
Shinchoji2008-2.jpg
真長寺
所在地 岐阜県岐阜市三輪
位置 北緯35度30分16.0秒 東経136度50分39.9秒 / 北緯35.504444度 東経136.844417度 / 35.504444; 136.844417座標: 北緯35度30分16.0秒 東経136度50分39.9秒 / 北緯35.504444度 東経136.844417度 / 35.504444; 136.844417
山号 三輪山
宗派 高野山真言宗
本尊 釈迦如来
別称 三輪釈迦
文化財 木造釈迦如来坐像(重要文化財)
絹本著色文殊菩薩像、絹本著色涅槃図(県文化財)
法人番号 5200005000615 ウィキデータを編集
真長寺の位置(岐阜県内)
真長寺
テンプレートを表示

真長寺(しんちょうじ)は、岐阜県岐阜市にある高野山真言宗寺院である。山号は三輪山。通称「三輪釈迦」。正式名称より通称で呼ばれることが多い。本尊釈迦如来

石庭は江戸時代初期に造られた枯山水様式の庭であり、龍安寺の石庭と同じ様式という。毎年観月会が開かれ、一般開放されている。

沿革[編集]

開創時期は不明である。一説にはすぐ近くにある三輪神社別当寺として開創されたという。

当初の名前は「洞泉山 真長寺」であったが衰退する。1535年天文4年)に再興される。

1558年永禄元年)に再び焼失する。再建後は織田信長徳川家康の保護を受けたという。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

岐阜県指定重要文化財[編集]

岐阜市指定文化財[編集]

  • 絹本著色五大尊像[4]
  • 絹本著色釈迦十六善神像[4]

岐阜市指定名勝[編集]

  • 石庭[4]
    江戸時代初期。

所在地[編集]

  • 岐阜県岐阜市三輪778-1

御朱印[編集]

岐阜市のまちづくり団体ひとひとの会によって企画され、2019年11月現在岐阜県内の13箇所[5]において行われている「金の御朱印」企画に参加しており、毎月最終金曜日(プレミアムフライデー)限定で通常の御朱印とは異なる金をあしらった御朱印が発行されている。[6][7]

交通機関[編集]

岐阜バスより「三輪釈迦前」バス停下車。徒歩すぐ。

12番のりば 高美線「美濃市駅」「中濃庁舎」行き
13番のりば 加野団地線「三輪釈迦前」行き

名鉄岐阜のりば名鉄岐阜駅西)より「三輪釈迦前」バス停下車。徒歩すぐ。

4番のりば 高美線「美濃市駅」「中濃庁舎」行き 加野団地線「三輪釈迦前」行き

外部リンク[編集]

周辺[編集]

参考画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木造釈迦如来坐像”. 岐阜県. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ 絹本著色文殊菩薩像”. 岐阜県. 2013年5月11日閲覧。
  3. ^ 絹本著色涅槃図”. 岐阜県. 2013年5月11日閲覧。
  4. ^ a b c 市指定文化財一覧”. 岐阜市 (2013年4月6日). 2013年5月11日閲覧。
  5. ^ 金神社 (岐阜市)玉性院岐阜信長神社弘峰寺乙津寺伊奈波神社岐阜城天龍寺 (可児市)関善光寺護国之寺真長寺鬼岩公園郡上八幡城の13箇所
  6. ^ 2019年8月29日付 中日新聞朝刊岐阜県版16面
  7. ^ 2019年11月29日付 中日新聞朝刊岐阜県版19面