金神社 (岐阜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金神社
金神社 (岐阜市)-本殿Koganejinja009.jpg
本殿
所在地 岐阜県岐阜市金町5-3
位置 北緯35度25分0.2秒 東経136度45分26.9秒 / 北緯35.416722度 東経136.757472度 / 35.416722; 136.757472 (金神社 (岐阜市))座標: 北緯35度25分0.2秒 東経136度45分26.9秒 / 北緯35.416722度 東経136.757472度 / 35.416722; 136.757472 (金神社 (岐阜市))
主祭神 金大神
社格 国史見在社・旧県社
創建 伝成務天皇5年
本殿の様式 流造
例祭 4月5日(岐阜まつり)
地図
金神社の位置(岐阜県内)
金神社
金神社
テンプレートを表示
金の鳥居

金神社(こがねじんじゃ)は、岐阜県岐阜市にある神社である。国史見在社旧県社

鎮座地は岐阜市の中心部に位置し、古くから金運、財運に利益があるとされる。また、付属施設である金会館は地域の交流の場として利用されている。

祭神[編集]

祭神金大神(こがねのおおかみ)を主祭神に、渟熨斗姫命(ぬのしひめのみこと)、市隼雄命(いちはやおのみこと)、五十瓊敷入彦命日葉酢姫命の4柱を祀るが、一説に渟熨斗姫命を金大神と称すとも、渟熨斗姫命以下4柱の総称が金大神であるともいう。

渟熨斗姫命は景行天皇の第6皇女で五十瓊敷入彦命の妃、市隼雄命は両命の間の子とされる。なお建御名方神の子・出早雄命(いづはやおのみこと)の4世孫に会知早雄命(えちはやおのみこと)がおり、その別名を市速男命(いちはやおのみこと)というが、全くの別人である。

歴史[編集]

祭神の五十瓊敷入彦命は伊奈波神社の祭神で、市隼雄命は橿森神社の祭神であるなど両神社と深く関係し、伊奈波神社の縁起によれば、五十瓊敷入彦命は朝廷の命により奥州を平定したが、その成功を妬んだ陸奥守豊益の讒言により、朝敵とされて三野(美濃)の地で討たれたため、妃である渟熨斗姫命がその地を訪れ、五十瓊敷入彦命を慰霊しつつ生涯を終え、その間、私財を投じて町の発展に寄与したことから、後に「財をもたらす神」として祀られるようになったといい、そこから「金大神」と呼ばれて信仰されるようになったと伝える。また、神社としての設備は成務天皇5年、朝廷より国造としてこの地に派遣された物部臣賀夫良命(もののべのおみかぶらのみこと)が国府をこの地に定め、金大神を篤く崇敬して創建されたと伝えられる。

貞観11年(869年)に正六位上から従五位下に昇叙され[1]国内神名帳の『美濃国内神名記厚見郡18社中に「正三位 金大神」と見える。

江戸時代初期の元和3年(1617年)、加納藩主奥平信昌の嫡子誕生に際り、その産土神として尊崇されて社殿の造替がされて以降、藩政時代を通じて松平氏永井氏などの歴代加納藩主の崇敬を受け、天明7年(1787年)には除地4段歩(40、約40a)が寄進されている。

明治初年よりは上加納村(現鎮座地一帯)の総鎮守とされ、昭和3年(1928年)に県社に昇格した。

1987年(昭和62年)に高さ8m、幅8mの特殊鋼製の鳥居が建設されたが、錆が目立ち始めたため、2015年(平成27年)の塗り替え工事で当初の焦げ茶色から金色の鳥居に塗り替えられた[2]

祭事[編集]

例大祭は4月5日に行われる。

岐阜まつりは、当神社と伊奈波・橿森両神社を始めとする市内多くの神社の例祭である。

岐阜まつりでの神賑行事は4月の第1土曜日と翌日曜日。

毎月9日、金神社境内で、金神社骨董市が開催される。

毎年11月23日には、こがねさんの秋まつり「新嘗祭」を開催し地域に親しまれている。

平成13年(2001年)から毎年6月1日(写真の日)頃に写真焼納祭が行なわれている。

社殿[編集]

元和3年造替の社殿が明治24年(1891年)の濃尾地震で焼失したために同38年に再建され、更に昭和20年(1945年)7月9日の岐阜空襲で再度焼失したため、同33年に再建された。現在の社殿は昭和63年(1988年)の再建である。

末社[編集]

  • 金祥稲荷神社
  • 金高椅神社
  • 玉姫神社
  • 物部神社(式内社論社)
  • 猿田彦神社
  • 神明神社
  • 秋葉神社
  • 黒岩神社
  • 賀夫良城社

文化財[編集]

市指定文化財(史跡)
  • 賀夫良命塚 (奥津城跡)[3]

御朱印[編集]

2016年平成28年)、岐阜市のまちづくり団体ひとひとの会により企画された観光ツアーにおいて、金泥を用いた御朱印を授与した。この際に好評であったため、2017年より、政府により推進されているプレミアムフライデーに乗じ、毎月最終金曜日に「プレミアム金デー」として金泥を用いた御朱印、「金の御朱印」を授与している。[4]

「金の御朱印」企画は好評を博し、参拝者が急増。市内外の他の神社仏閣にも同会のノウハウを基軸として波及した。2019年7月現在、金神社のほかに玉性院岐阜信長神社(樫森神社内)、岩戸弘法弘峰寺伊奈波神社乙津寺岐阜城天龍寺でも同様に御朱印が授与されており、同月は8か所合計五千枚が授与された[4]

2019年令和3年)8月より、護国之寺関善光寺においても、[4]2019年11月より郡上八幡城鬼岩公園においても[5]、同様の経緯で授与されている。

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本三代実録』同年12月25日条。
  2. ^ “大鳥居、黄金の輝き 岐阜市の金神社”. 岐阜新聞. (2015年11月13日). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20151113/201511130855_26096.shtml 2015年11月14日閲覧。 
  3. ^ 岐阜市内の指定等文化財一覧”. 岐阜市 (2012年4月6日). 2013年4月26日閲覧。
  4. ^ a b c 2019年8月29日付 読中日新聞朝刊岐阜県版16面
  5. ^ 2019年11月29日付 中日新聞岐阜県内版19面

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

参考画像[編集]