真山美保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

真山 美保(まやま みほ、1922年7月30日 - 2006年3月12日)は、劇作家演出家新歌舞伎元禄忠臣蔵」で著名な劇作家真山青果の長女。本名は美保子[1]東京都出身[2]。夫は俳優の槙村浩吉。孫の眞山蘭里(らんり)は、美保死去後の新制作座の理事長。

新制作座文化センター主宰(理事長)。日本演出家協会国際演劇協会日本センター会員。

東京都文化会館及び東京芸術劇場の運営審議委員会。文部省・視学委員。

略歴[編集]

1943年日本女子大学国文科卒[3]。父とは1943年に離反し、女優として前進座に加わる。ついで新協劇団に属し、1950年劇団ヴェリテ・せるくるを結成。

1951年、槙村浩吉らと劇団新制作座と改称。東京中心主義の新劇が見落していた地方に目を向け、地方の小都市や農村漁村を巡回[4]。プロレタリア演劇風の作品のほか、青果作品も上演した。

1952年、初の戯曲となる「泥かぶら」で脚本・演出・主演を兼ね、1953年に文部大臣奨励賞を受けた。同作は海外での公演含め1万回以上公演[5]

1954年「市川馬五郎一座顛末記」を執筆(『浮草日記』として映画化)[6]。1963年、八王子市に新制作座文化センターを建設[7]。新制作座フェスティバル(歌と踊りとマイムを演劇的に構成・演出した[8])を持ってアジアや南米各地にも巡演した[9]。他の作品に「鳶の巣村快挙録」「野盗風の中を走る」など[10]。1992年、中国公演総演出作品「京劇坂本龍馬」に関わる[11]

1959年に第7回菊池寛賞(新劇の大衆化、特に文化に恵まれぬ地方公演の成果)を、1988年2月に第4回東京都文化賞を受賞(全国各地の公演と国際文化交流への貢献[12])した。

著書に『日本中が私の劇場』(平凡社 1957年)等があり、父青果の作品集の編纂・公演監修も多く行った。

映画化された作品[編集]

  • 1954 陽のあたる家  松竹大船
  • 1955 浮草日記  山本プロ=俳優座
  • 1957 倖せは俺等のねがい  日活
  • 1961 野盗風の中を走る  東宝

著書[編集]

  • 日本中が私の劇場 真山美保 著 平凡社 1957 (人間の記録双書) のち 有紀書房
  • 御浜御殿綱豊卿巷談宵宮雨 真山青果・宇野信夫 [作] ; 真山美保, 小池章太郎 編著,白水社 2002 (歌舞伎オン・ステージ)
  • 泥かぶら 眞山美保 原作,くすのきしげのり 文,伊藤秀男 絵 瑞雲舎 2012

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 新制作座(真山美保を偲ぶ)
  3. ^ 朝日人物データベースより
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 朝日人物データベースより
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ 読売人物データベースより
  9. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  10. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  11. ^ 読売人物データベースより
  12. ^ 読売人物データベースより