監獄ロック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
監獄ロック
Jailhouse Rock
監督 リチャード・ソープ
脚本 ガイ・トロスパー英語版
原作 ネドリック・ヤング英語版
製作 パンドロ・S・バーマン英語版
出演者 エルヴィス・プレスリー
ジュディ・タイラー英語版
音楽 ジェフ・アレクサンダー英語版
主題歌 エルヴィス・プレスリー
監獄ロック
撮影 ロバート・ブロンナー
編集 ラルフ・E・ウィンタース
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 大映
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年11月8日
日本の旗 1962年11月23日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,099,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $4,275,000[1]
テンプレートを表示

監獄ロック』(かんごくロック, 原題:Jailhouse Rock)は、1957年制作のアメリカ合衆国ミュージカル映画エルヴィス・プレスリー主演。彼の3本目の主演映画である。主題歌はプレスリーの「監獄ロック」。

2004年、アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

あらすじ[編集]

ヴィンス・エヴァレットは気さくな好青年だが、短気なトラック運転手である。

ある夜、仕事を終えて寄った行きつけの酒場でふとしたことから殴り合いの大喧嘩になり、相手を死なせてしまい、服役することになってしまう。

ヴィンスは刑務所内で元フォーク・シンガーのハンクと知り合い、彼から歌の才能を見込まれてギターの手ほどきを受ける。そして、出所後2人で組んで舞台に立とうと約束を交わす。

一足先に出所したヴィンスはある小さな酒場の舞台に立ったが、だれも耳を傾けないうえ、歌の最中に騒いだ客に暴力をふるって飛び出してしまう。

そんな彼をレコード会社の営業担当のペギーが気に入り、彼に歌い方をアドバイスし、彼を自社の社長に紹介してくれた。ところが、ヴィンスの曲はそこの看板歌手に奪われてしまった。

そこで2人は自分たちで会社を起こしてデビュー曲を売り出した。ペギーの友人でディスク・ジョッキーのテディの協力もあり、曲は大ヒット、ヴィンスはたちまちスターとなる。

しかし、ヴィンスは次第に名声や金以外に目もくれなくなり、ペギーとも大喧嘩して反目、出所して彼のもとにやってきたハンクもあごで使う高慢な人物になり果ててしまう。

キャスト[編集]

備考[編集]

ヒロイン役のジュディ・タイラー英語版は、映画完成からわずか3日後の1957年7月3日、自動車事故で24歳の若さで急死した。プレスリーは大きなショックを受け、完成した本作を見ることができなかったという[2][3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study 
  2. ^ Jailhouse Rock (1957) - Trivia - IMDb
  3. ^ Glut, Donald F; Harmon, Jim (1975). The Great Television Heroes. Garden City: Doubleday, p47

外部リンク[編集]