サスピシャス・マインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サスピシャス・マインド
エルヴィス・プレスリーシングル
B面 ユール・シンク・オブ・ミー
リリース 1969年8月26日
規格 7インチ・シングル
録音 メンフィス、アメリカン・サウンド・スタジオ(1969年1月23日)
ジャンル ロック
時間 4分22秒
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 マーク・ジェイムズ
プロデュース チップス・モーマン
フェルトン・ジャーヴィス
ゴールド等認定
チャート最高順位
エルヴィス・プレスリー シングル 年表
Clean Up Your Own Backyard
(1969年)
サスピシャス・マインド
(1969年)
Don't Cry Daddy
(1969年)
ミュージックビデオ
「Suspicious Minds」 - YouTube
テンプレートを表示

サスピシャス・マインド(原題: Suspicious Minds)は、エルヴィス・プレスリー1969年に発表したシングル。

解説[ソースを編集]

作詞・作曲はマーク・ジェイムズ(Mark James)。ジェイムズが1968年に発表したシングル曲のカヴァーである。1969年11月1日付のBillboard Hot 100で1位を獲得。エルヴィスのシングルが全米1位に達したのは7年ぶりで、エルヴィスの復活と謳われた。彼の生涯において最後の全米1位獲得シングルでもある。

演奏は3つのテイクから編集され、エルヴィスのボーカルはテイク8をマスターテイクとされた。プロデューサーのフェルトン・ジャーヴィスがエンジニアのビル・ポーターに、ホーンセクションのオーバーダビングを依頼したが、テープは8トラック全て使用されていたため、ミックスしながら演奏させダビングするという方法を取りステレオミックス用とモノラルミックス用のため2度これを行なった。[1]

エルヴィスとチップス・モーマンが決定した最終的なミキシングをマネージャーのパーカー大佐が勝手に変更し、新たなコーラスが付け加えられ、1度フェード・アウトし、もう1度フェード・インするというミックスがされている。エルヴィスはそれを聴いて怒り狂ったと元妻のプリシラは語っている。

映画『エルビス・オン・ステージ』(1970年)のコンサート・シーンで本作品は登場する。

2004年に『ローリング・ストーン』誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では91位[2]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『フロム・ナッシュヴィル・トゥ・メンフィス ジ・エッセンシャルズ60’sマスターズ』 ライナーノーツ33P
  2. ^ Rollingstone.com/News
先代:
テンプテーションズ「悲しいへだたり」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1969年11月1日
次代:
フィフス・ディメンションウェディング・ベル・ブルース