畠山雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

畠山 雄二(はたけやま ゆうじ、1966年 - )は、日本言語学者静岡県出身。東京農工大学工学部准教授東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。

人物[編集]

理論言語学の領域での研究が多い。心理学哲学バックグラウンドも持ち、その背景を生かした理論言語学への所見を表明することがある。

理論言語学、特に文法に関する研究では、自動詞構文、焦点化構文、話題化構文などに関する研究があり、そこでは精緻化の加速する統語構造一辺倒の理論構成ではなく、情報構造にも目配りがなされており、伝統的な手堅いタイプの言語学者と見られている。これに関連し、リチャード・ケインの理論に忠実な副詞類の理論であるジレルモ・チンケの非常に多重な機能範疇を持つ節構造には辛辣な批判を述べる一方、ルイジ・リッツィなどに代表される左周縁構造/分離CP構造仮説に関しては経験的基盤からの寄与がある。

所属が工学系であり、その交流を活かした学際的な研究も行っており、言語に関わる様々な研究を広く網羅したハンディな百科事典の編者も務めた[1]。一方、英語学の専門的な内容を実用向けにわかりやすく紹介した著書もあり、多面的に活躍しようとしていることが窺える。

時に政治的な発言を公にすることがあり、藤原正彦の倫理思想と親近性がある(また、餃子好きという点でも共通している)。

趣味はギターで、研究室のリンクから演奏を見ることができる(テクノポリス、ボヘミアンラプソディなど)。演歌好きでもある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 情報科学のための自然言語学入門―ことばで探る脳のしくみ(丸善、2003)
  • 情報科学のための理論言語学入門―脳内文法のしくみを探る(丸善、2004)
  • 言語学の専門家が教える新しい英文法(ベレ出版、2006)
  • 英語版で読む 日本人の知らない日本国憲法(KADOKAWA、2016)
  • 英語で学ぶ近現代史 外国人は歴代総理の談話をどう読んだのか(開拓社、2017)

編著[編集]

  • 日本語の教科書(ベレ出版、2009)

出典[編集]

  1. ^ 鈴木良次、畠山雄二 (2006). 言語科学の百科事典. 丸善. ISBN 4621077333. 

外部リンク[編集]