畠山義里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
畠山義里
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 元和7年(1621年
死没 元禄4年2月13日1691年3月12日
官位 下総守、飛騨守、従四位下侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱徳川綱吉
氏族 能登畠山氏
父母 父:畠山義真
正室松平真次の娘
義寧辰丸
娘(上杉長之正室)、娘(内藤勝長正室)、娘(曾我祐興正室)、娘(鵜殿藤兵衛正室)、娘(松平康直正室)、娘(松平乗次養女)、娘(諏訪頼隆正室)

畠山 義里(はたけやま よしさと)は、江戸時代中期の高家旗本

概要[編集]

畠山義真の次男。延宝2年(1674年)に父が死去するとその遺跡を継ぎ、大和国宇智郡河内国交野郡摂津国豊嶋郡の計3120石を領する。

天和3年(1683年)、大沢基恒と同族筋の吉良義央と共に高家肝煎に選ばれた。なお、この年の武鑑では猿楽町に居住していたとあり、本家筋の河内畠山家の基玄より早く高家に列していたことになる。貞享3年(1686年)7月9日に隠居し、家督を長男の義寧に譲った。