畠山義福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
畠山義福
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延3年(1750年
死没 享和2年4月3日1802年5月4日
別名 織部(通称)
幕府 江戸幕府 高家旗本
主君 徳川家治家斉
氏族 高家畠山氏
父母 畠山国祐堀川広益
畠山義紀
兄弟 政如義福国儔
土屋篤直養女
義一義宣
テンプレートを表示

畠山 義福(はたけやま よしとも)は、江戸時代中期から後期にかけての高家旗本通称は織部。

略歴[編集]

高家旗本畠山国祐の次男。生母は堀川広益の娘。実兄に政如、実弟に国儔がいる。

一族の高家旗本畠山義紀(旧能登守護家)の養子となる。明和4年(1767年)2月15日、10代将軍・徳川家治御目見する。明和6年(1769年)4月5日、養父の隠居により家督を相続する。ただし、生涯表高家として過ごし、高家職に就くことはなかった。享和2年(1802年)4月3日死去、享年53。

正室は土屋篤直の養女。二男あり。長男義一、次男義宣(義一の養子)。