田中靖郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 靖郎(たなか やすお、1931年3月18日 - 2018年1月18日)は日本宇宙物理学者。日本学士院会員。東京大学名誉教授宇宙科学研究所名誉教授。X線天文学の分野で国際的な評価をうけている。

概説[編集]

大阪府生まれ。1953年大阪大学理学部物理学科卒業、東京大学原子核研究所助手を経て、1961年大阪大学理学博士 「空気シャワー中の核子成分の考察(英文)」。 1962年から名古屋大学理学部助教授となり、1974年から1994年まで、東京大学宇宙航空研究所(現JAXA宇宙科学研究所)教授、マックス・プランク宇宙物理学研究所客員教授、宇宙科学研究所名誉教授などに任じられる。宇宙科学研究所教授を退官後、2008年まで日本学術振興会ボン研究連絡センターのセンター長を務めた。X線天文学の分野で超軟X線の測定法考案、X線バーストの吸収線の発見などで貢献し、X線天文衛星「CORSA」、「ぎんが」などの運用に貢献した。2011年12月、日本学士院会員に選出。2018年1月18日、86歳で没した。叙正四位[1]

賞・叙勲等[編集]

叙勲[編集]

[編集]

命名[編集]

  • 小惑星 : (4387)田中 (Tanaka)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年2月27日朝刊

外部リンク[編集]