田中靖郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか やすお
田中 靖郎
Yasuo Tanaka cropped 1 Yasuo Tanaka 201011.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 1931年3月18日
日本の旗 大阪府
死没 (2018-01-18) 2018年1月18日(86歳没)
居住 日本の旗 日本
ドイツの旗 ドイツ
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京大学
名古屋大学
宇宙科学研究所
日本学術振興会
出身校 大阪大学理学部卒業
主な業績 超軟X線放射の先駆的観測
ガス蛍光比例計数管開発
てんま」による
輝線分光学の開拓
ぎんが」による
超新星SN 1987Aの検出
あすか」による
ブラックホールからの
相対論効果検証
主な受賞歴 仁科記念賞1985年
日本学士院賞恩賜賞1993年
ジェームズ・クレイグ・
ワトソン・メダル
1994年
オイゲン・ウント・イルゼ・
ザイボルト賞
1999年
ブルーノ・ロッシ賞2001年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

田中 靖郎(たなか やすお、1931年3月18日 - 2018年1月18日)は、日本物理学者X線天文学)。位階正四位学位理学博士大阪大学1961年)。宇宙科学研究所名誉教授東京大学名誉教授、名古屋大学特別教授日本学士院会員文化功労者

東京大学原子核研究所助手、名古屋大学理学部助教授、東京大学宇宙航空研究所教授、宇宙科学研究所教授、日本学術振興会ボン研究連絡センターセンター長独立行政法人日本学術振興会ボン研究連絡センターセンター長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

大阪府生まれ。1953年大阪大学理学部物理学科卒業、東京大学原子核研究所助手を経て、1961年大阪大学理学博士 「空気シャワー中の核子成分の考察(英文)」。

物理学者として[編集]

1962年から名古屋大学理学部助教授となり、1974年から1994年まで、東京大学宇宙航空研究所(現JAXA宇宙科学研究所)教授、マックス・プランク宇宙物理学研究所客員教授、宇宙科学研究所名誉教授などに任じられる。宇宙科学研究所教授を退官後、2008年まで日本学術振興会ボン研究連絡センターのセンター長を務めた。X線天文学の分野で超軟X線の測定法考案、X線バーストの吸収線の発見などで貢献し、X線天文衛星「CORSA」、「ぎんが」などの運用に貢献した。2011年12月、日本学士院会員に選出。2018年1月18日、86歳で没した。叙正四位[1]

賞歴[編集]

栄典[編集]

命名[編集]

  • 小惑星 : (4387)田中 (Tanaka)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年2月27日朝刊

外部リンク[編集]