田中淡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 淡(たなか たん、1946年(昭和21年) - 2012年(平成24年)11月18日)は、日本建築史家京都大学名誉教授。中国建築史・造園史・技術史が専門。戦後における中国建築史研究の第一人者である。工学博士(東大)。

来歴・人物[編集]

1946年(昭和21年)生まれ。1969年(昭和44年)、横浜国立大学工学部建築学科卒業。1971年(昭和46年)、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。文化庁文化財保護部建造物課文部技官、1981年(昭和56年)、南京工学院建築研究所客員研究員などを経て、京都大学人文科学研究所文化表象研究部門教授2010年(平成22年)、退官。

1981年(昭和56年)、第10回北川桃雄基金賞、1992年(平成4年)、濱田青陵賞受賞。[1]

2012年(平成24年)11月18日、多発性骨髄腫のために死去[2]。66歳没。

主著[編集]

  • 『茨城県指定文化財鹿島神宮仮殿修理工事報告書』鹿島神宮 1975
  • 『世界の博物館第21巻故宮博物院』(共著)講談社 1978
  • 『伊賀新大仏寺発掘調査報告書』(共著)新大仏寺 1980
  • 『世界の文化史蹟第17巻 中国の古建築』(共編)講談社 1980
  • 『中国建築史の研究』弘文堂 1989
  • 『中国古代科学史論続篇』(共編)京都大学人文科学研究所 1991
  • 『中国科学史国際会議:1987京都シンポジウム報告書』(共編)京都大学人文科学研究所 1992
  • 『中国造園史文献目録』(編) 京都大学人文科学研究所 1997
  • 『中国技術史の研究』(編) 京都大学人文科学研究所 1998
  • 『週刊朝日百科日本の国宝53 東大寺・手向山神社』(編) 朝日新聞社 1998
  • 『ユネスコ世界遺産第4巻 東アジア・ロシア』(共著) 講談社 1998
  • 『中國建築知識東傳日本的媒介』(APARP 16) 中央研究院亞太研究計画 2002
  • 『中国古代造園史料集成』(共編) 中央公論美術出版 2003

訳書[編集]

  • 劉敦楨『中国の住宅』(共訳)鹿島出版会 1976
  • アンドリュー・ボイド『中国の建築と都市』鹿島出版会 1979
  • ジョセフ・ニーダム『中国の科学と文明第10巻土木工学』(共訳)思索社 1979
  • 中国建築史編集委員会編『中国建築の歴史』平凡社 1981
  • 劉敦楨『中国の名庭――蘇州古典園林』小学館 1982
  • 中国建築科学研究院『中国の建築』(共訳)小学館 1982
  • 于倬雲『紫禁城宮殿』(共訳)講談社 1984
  • 祁英濤『中国古代建築の保護と維持修理』(監訳)古都調査保存協力会 1993
  • 『長物志』1 (共訳)(東洋文庫663) 平凡社 1999
  • 『佛教美術事典』(共編) 東京書籍 2002

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]