3大ギタリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三大ギタリスト[1](さんだいギタリスト)は、主に1970年代日本の音楽関係のマスコミの一部が使用した言葉。その当時に使用された意味に於いては、エリック・クラプトンジェフ・ベックジミー・ペイジの3者を示している。

概要[編集]

2008年に発行されたシンコーミュージック・エンタテイメント刊「天才ギタリストスペシャル クラプトン・ベック・ペイジ」の記述[2]によれば「三大ギタリスト」という言葉は日本で作られた。理由は以下のようなことから来ている。

  1. 3者ともヤードバーズ出身
  2. 3者とも当時の日本で人気が高い
  3. 各自の実力や個性、当時の活動状況などで比較しやすい

なお、各自の活動はそれぞれの項目を参照の事。

概歴[編集]

ヤードバーズを辞めた後[注釈 1]、3人はそれぞれ別個に音楽活動を展開しており、それらの活動は音楽関係のマスコミによって日本にも報道された。そのひとつであるミュージック・ライフで特に三大ギタリストという言葉が頻用されており[3]1975年にはミュージック・ライフの出版元であるシンコー・ミュージック[注釈 2]から「三大ギタリストの探究」が出版され、3者を同列に並べる形式で経歴や奏法などを比較解説している。

これに対して、同時期に出版された他の音楽雑誌・書籍で「三大ギタリスト」という表現を用いないものもある。財団法人ヤマハ音楽振興会から1975年に出版された「ロックギタリスト 炸裂する音に賭ける獅子達」では、3者とも解説とインタビューが掲載された56アーティストのひとつとして扱われており、いずれの項目にも「三大ギタリスト」という表現は登場しない。またミュージックライフと同じシンコーミュージックから1978年に出版された「ジェフ・ベック 孤独の英雄伝説」では、p.331で紹介されているアルバム"FEATURING PERFORMANCES by CLAPTON,BECK & PAGE"の解説で「ヤードバーズ三代のギタリスト」、同p.332で紹介されているアルバム"BECK PAGE CLAPTON"の解説で「ヤードバーズの三人のギタリスト」と記述されているが、「三大ギタリスト」という表現は登場しない。

しかしその後、シンコーミュージック以外の出版物にも「三大ギタリスト」という表現が登場するようになった。1983年に3者が共演したARMS Charity Concertは、バップからライブDVD「アームズ・コンサート 三大ギタリスト夢の競演」という邦題でリリースされ、リットーミュージック刊「ギター・マガジン」2009年5月号に掲載された「現代の3大ギタリスト ジョン・フルシアンテジョン・メイヤーデレク・トラックス」という記事にはクラプトン、ベック、ペイジの解説も掲載されている。

類似表現[編集]

1970年ラリー・コリエルジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアがユニットを組んで10年強の活動を行った際には、日本のマスコミがこのユニットを「スーパー・ギター・トリオ」と呼んだこともあり、1980年、ラリー・コリエルが抜けてアル・ディ・メオラに交替した時のライブアルバムは『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』という邦題が付けられている。またローリング・ストーン誌は2007年2月号でジョン・メイヤージョン・メイヤー・トリオ)、デレク・トラックスオールマン・ブラザーズ・バンド)、ジョン・フルシアンテレッド・ホット・チリ・ペッパーズ)の3人を「The New Guitar Gods」とした。なお、前節の記述の通り、この3人は「ギター・マガジン」2009年5月号で「現代の3大ギタリスト」と表現されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ペイジは解散まで在籍している。
  2. ^ 新興楽譜出版社。
  3. ^ 吉田弘和は編集者。本文構成は大貫憲章斎藤まもる石野真知子。写真提供はミュージック・ライフ
  4. ^ 0073-61014-3129。日本音楽著作権協会承認第501996号。
  5. ^ 0073-208030-8528。
  6. ^ 監修を担当。
  7. ^ 0073-61051-3129。

出典[編集]

  1. ^ 「三大ギタリストの探究」及び「天才ギタリストスペシャル クラプトン・ベック・ペイジ」に於ける表記方法。
  2. ^ p.34、クラプトン、ベック、ペイジ:アナザーヒストリー。
  3. ^ 天才ギタリストスペシャル クラプトン・ベック・ペイジ p.112。