王国会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三田宣教者の家 - 戦後のエホバの証人の「日本支部事務所」兼「宣教者の宿泊施設」として利用され、王国会館としての機能も果たした。終戦直後のまだ地価が低かった時代に、米国本部が宣教の拠点とするために土地を取得した。典型的なモダン建築様式である。(東京都港区三田五丁目)
遠景
昭和40年代には周囲には殆どビルがなく、文字通り「ものみの塔」としてあたりを睥睨していたが現在では周囲の高層ビルに挟まれている。

王国会館(おうこくかいかん)(旧称・御国会館:みくにかいかん)とは、エホバの証人が集会場所として利用する施設に対して用いる呼称である。この名称は1935年ものみの塔聖書冊子協会の当時の会長、J・F・ラザフォードによって提唱された。彼らは自ら所有する不動産に対してだけではなく、たとえそれが賃貸物件の「ビルの一室」であったとしてもこの呼称を用いる。

主な役割[編集]

通常の利用法は、崇拝と聖書の学習、および宣教の訓練のための利用である。

一会衆あたり週に2度、王国会館で集会を開く。週末に開かれる集会では聖書講演と「ものみの塔」誌の研究記事の討議が行われ、会場は一般向けに開放される。他方の集会は平日の夜に開かれ、こちらは宣教の訓練に特化したプログラムが扱われる。これらの集会は賛美歌(王国の歌)と祈りで始まり、終わりも賛美歌と祈りで締めくくる。また、中途でも一度、賛美歌が歌われる。

他の用途[編集]

かつては、もう一つの集会である「書籍研究」(信者の自宅で開かれる)についても、集会場所の確保が難しいなどの理由から、王国会館が用いられていたこともある。現在はこの名称の集会は廃止されている。

その他、信者の葬儀、結婚式の会場として利用される場合がある。しかし披露宴や信者のレクリエーションの会場としてなど、神の崇拝と関係しない催しでの使用は一切認められていない。

特徴[編集]

カトリック教会に見られるような、マリア像、イエス像といったものは偶像とみなされるため、王国会館内にはそれに類するものは設置されない。

建物は大きさやデザインがさまざまであるが、いずれも上記"主な役割"に資するための音響設備他、講演を快適に視聴するための映像設備を通常備えており、機能面を重視した造りとなっているのが普通である。

日本では木造平屋建ての構造のものも多いが、東京などの都市部では土地や建物の確保が難しいため貸しビルのテナントで入っているものもある。また、鉄骨や鉄筋作りの2~3階建てのタイプもある。このタイプは2~3の会衆(メイン会場が1つ)、多いところでは10以上の会衆(メイン会場が4つ以上)で使用する事例も存在する。

中には、元店舗など異なる用途で使用されていた建物を買い取るなどして、必要な改修を行い、王国会館として使用しているものもある。

多くの建物は、エホバの証人の建物だとわかるように『jw.org』の看板が常設されているが、借りている建物の場合は、開催時間外には提示不可であるため、開催時間のみ仮設で提示される。

Koninkrijkszaal, Tilburg-Noord, Nederland (2010-03-23).jpg

維持・建設[編集]

維持管理に必要となる諸経費は、その王国会館を使用する諸会衆の成員たちの自発的な寄付金で賄われる。また、集められた寄付金から、信者総会での議決に基づく金額が「世界的な王国会館と大会ホールの建設基金」として、国内外の会館建設費用に充てられている。

施設や設備の建設と維持管理は、世界の各支部ごとに設置された支部設計建設部門(LDC)が管轄して行う。[1]

会館の維持・建設は、LDCの指示の下、地元信者たち自身で多くの部分がなされ、専門性のある作業は技能や資格を有する信者が参加して行う。信者内で賄えない場合は一般の業者に外注する場合もある。なお、作業に参加する信者は基本的には無給のボランティアであるが、地元の信者たちから食事が供され、また必要な場合は宿舎の提供を受けることもできる。

その他[編集]

世界のあまり裕福でない国々でも、全世界から集められた前記「世界的な王国会館と大会ホールの建設基金」により、集会所の建設費用が提供されている。

また、王国会館に類似した建物として、「大会ホール」と呼ばれる施設も存在する。こちらは収容人員2000~3000程度であり、巡回区(1巡回区は20前後の会衆で構成される)単位の集会が週末、ほぼ毎週のように執り行われる他、長老、奉仕の僕(しもべ)たちのセミナー会場や、周辺災害時の物資集積の拠点になることもある。

大会ホールは、日本では神奈川県海老名市(日本支部の敷地内)を含め、10箇所(北海道(南幌)、群馬(安中)、栃木(那須)、千葉(成田)、東海(豊橋)、兵庫(市川町)、関西(滋賀)、広島(三原)、福岡(嘉麻))[2]に存在する。アメリカでは、建物の老朽化が進んだ歴史的建造物を買い取って修繕し、大会ホールとして用いているスタンレー劇場(w:Stanley Theater (Jersey City)ニュージャージー州ジャージー・シティ)のような例もある。

「王国会館」建設強行により全国に波及した「エホバ反対運動」[編集]

1997年、長野県松川町増野の住民の反対にも関わらずエホバの証人の「王国会館」建設が強行された。以降「エホバの証人全国被害者の会」は「エホバ反対運動」において現地「王国会館」前での啓蒙・抗議活動から周辺地域への啓蒙活動に重点を移行した。「エホバの証人がしつこく訪問してきて困る」という苦情に対処し、かつ「エホバの証人」による社会的被害の拡大を食い止めることを目的として、1998年には「エホバの証人・訪問お断り」ステッカーを2回にわたり計1万枚を自費作成し、近隣地域への無料配布を実施するなどした。増野の地区全戸を上げての告発反対運動が先駆けとなり、増野の運動に力付けられた地域運動が全国各地で展開された。2002年までの報告によると、2000年よりおきている神奈川県藤野町堂地自治会を上げての反対運動は、今も継続しており、一旦エホバの証人側より「住民の反対がある限りは建設しない」という言質を得ていたが、2002年頃エホバの証人側では、これを無視する形で建設許可を得たとの事にて予断を許さない状況が続いているとしながらも、京都市右京区・千葉県船橋市・東京都多摩市落川地区・長野県駒ヶ根市、伊那市、飯島町において地元住民による「王国会館」建設反対運動が成功し、「王国会館」建設は白紙撤回された。それと比較すると、地元住民総意による反対運動を無視して強引に「王国会館」の建設を強行した「松川会衆」の反社会性、非協調性、強引さが際立つ結果となった[3][4][5]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昨年度のハイライト―王国会館建設の速度を上げる,『2016 エホバの証人の年鑑』17ページ(ものみの塔聖書冊子協会)
  2. ^ 2017年以降、北海道と群馬が廃止決定になるため、8箇所に減少。
  3. ^ 長野県松川町増野の「エホバ反対運動」-エホバの証人情報センター保管庫
  4. ^ カルト拠点施設「王国会館」の建設阻止に向けて 長野県松川町増野自治会の声明 2002年11月2日-「エホバの証人問題を考える会」公式ホームページ
  5. ^ ものみの塔 被害報告の現状と課題 中澤啓介牧師(大野キリスト教会-「エホバの証人問題を考える会」公式ホームページ


関連項目[編集]