王先謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王先謙

王 先謙(おう せんけん、Wang Xianqian1842年 - 1917年)。字は益吾末の儒学者葵園先生と呼ばれた。

湖南省長沙出身。1865年進士となって、翰林院庶吉士、散館編修を歴任した。古今の書物に通じ、阮元のあとを継いで『続皇清経解』を、姚鼐のあとをついで『続古文辞類纂』を編纂した。1889年から官を辞して郷里の長沙に居を定め、岳麓書院の院長を十年近く務めた。戊戌の変法時には康有為梁啓超の急進思想に反対した。とはいえ王先謙は空理空論に反対し、科挙の廃止と西洋の科学知識の学習を主張した。1902年以降、鉱山の開発や鉄道事業に関わった。

著作[編集]

  • 『漢書補注』
  • 水経注合箋』
  • 『後漢書集解』
  • 『荀子集解』
  • 『荘子集解』
  • 『詩三家義集疏』