玉木俊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉木 俊明(たまき としあき、1964年 - )は、日本の経済史学者、京都産業大学教授

来歴[編集]

大阪市生まれ。1987年同志社大学文学部文化学科卒。93年同大学院博士課程中退。96年京都産業大学経済学部講師、2000年助教授、2007年教授。09年「北方ヨーロッパの商業と経済 1550-1815年」で大阪大学文学博士

著書[編集]

  • 『北方ヨーロッパの商業と経済 1550-1815年』知泉書館 2008
  • 『近代ヨーロッパの誕生 オランダからイギリスへ』講談社選書メチエ 2009
  • 『近代ヨーロッパの形成 商人と国家の世界システム』創元社 2012
  • 『海洋帝国興隆史 ヨーロッパ・海・近代世界システム』講談社選書メチエ 2014
  • 『ヨーロッパ覇権史』ちくま新書 2015
  • 『歴史の見方 西洋史のリバイバル』創元社 2016
  • 『〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史』講談社現代新書 2016
  • 『先生も知らない世界史』日本経済新聞出版社 2016
  • 『先生も知らない経済の世界史』日本経済新聞出版社 2017
  • 『物流は世界史をどう変えたのか』PHP新書 2018
  • 『人に話したくなる世界史』文春新書 2018
  • 『逆転の世界史 覇権争奪の5000年』日本経済新聞出版社 2018
  • 『ヨーロッパ 繁栄の19世紀史 ─消費社会・植民地・グローバリゼーション』ちくま新書 2018
  • 『拡大するヨーロッパ世界 1415-1914』知泉書館 2018
  • 『世界史を「移民」で読み解く』NHK出版新書 2019

共編著[編集]

  • 『私と西洋史研究 歴史家の役割』川北稔と共著 創元社 2010 聞き手が玉木
  • 『北海・バルト海の商業世界』斯波照雄共編 悠書館 2015
  • 『商業と異文化の接触 中世後期から近代におけるヨーロッパ国際商業の生成と展開』川分圭子共編 吉田書店 2017

翻訳[編集]

  • パトリック・オブライエン『帝国主義と工業化 1415~1974 イギリスとヨーロッパからの視点』秋田茂共訳 ミネルヴァ書房 Minerva西洋史ライブラリー 2000
  • デレック H.オルドクロフト『20世紀のヨーロッパ経済 1914~2000年』塩谷昌史共訳 晃洋書房 2002
  • M.v.ティールホフ『近世貿易の誕生 オランダの「母なる貿易」』山本大丙共訳 知泉書館 2005
  • レオス・ミュラー『近世スウェーデンの貿易と商人』根本聡入江幸二共訳 嵯峨野書院 2006
  • デヴィド・カービー、メルヤ-リーサ・ヒンカネン『ヨーロッパの北の海 北海バルト海の歴史』牧野正憲谷澤毅、根本聡、柏倉知秀共訳 刀水書房 2011
  • ラース・マグヌソンスウェーデン語版『産業革命と政府 国家の見える手』知泉書館 2012
  • S.R.ラークソ『情報の世界史 外国との事業情報の伝達 1815-1875』知泉書館 2014
  • ラース・マグヌソン『重商主義の経済学』知泉書館 2017

参考[編集]