狭き門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

狭き門』(せまきもん、原題:La Porte étroite1909年)は、フランスノーベル文学賞受賞者アンドレ・ジッドによる小説である。

名称の由来[編集]

題名の「狭き門」は、新約聖書マタイ福音書第7章第13節にあらわれる、イエス・キリストの言葉に由来する。すなわち困難であっても多数派に迎合せず、救いにいたる生き方の喩えである。

狹き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし。 — マタイ傳福音書7章13節(文語訳)

概要[編集]

物語の語り手であり主人公でもあるジェロームは、2歳年上の従姉であるアリサに恋心を抱く。アリサもまたジェロームを愛しているが、彼女の妹のジュリエットもまたジェロームに好意を抱いていた。 しかし、ジュリエットと周囲の人々は両者が結ばれることに好意的であるも、神の国に憧れを持つ彼女は、妹への遠慮もあり結婚をためらい続ける。それは、二人の思いを知ったジュリエットが身を引いてもなお変わらなかった。

アリサは最終的に地上での幸福を放棄し、ジェロームとの結婚をあきらめてついには命を落とす。残されたジェロームは、アリサが遺した日記に綴られた自分への熱い思いを胸に、『全てを忘れてしまうまで』一人生きていくことを決める。

この作品において、アリサの自己犠牲の精神は美しく描かれている。しかしジッドはこの作品を通して、アリサのような自己犠牲に対する批判を行った。

日本語訳[編集]