狛田村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こまだむら
狛田村
廃止日 1931年10月1日
廃止理由 新設合併
狛田村稲田村祝園村川西村
現在の自治体 精華町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 京都府
相楽郡
総人口 1,529
国勢調査1920年
隣接自治体 相楽郡稲田村、祝園村、棚倉村綴喜郡普賢寺村三山木村
狛田村役場
所在地 京都府相楽郡狛田村
座標 北緯34度46分42秒 東経135度47分19秒 / 北緯34.77828度 東経135.78869度 / 34.77828; 135.78869座標: 北緯34度46分42秒 東経135度47分19秒 / 北緯34.77828度 東経135.78869度 / 34.77828; 135.78869
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

狛田村(こまだむら)は、かつて京都府相楽郡に存在した。現在の精華町北部にある菱田と下狛に相当する。

地理[編集]

狛田村の西端には木津川が流れていた。煤谷川によって下狛村と菱田村が隔てられていた[1]

狛田村の南北には旧奈良街道(歌姫越)[2] が走っている[3]。京都府道22号に沿ってJR学研都市線(片町線)と近鉄京都線が走っており、菱田と下狛の境界付近には学研都市線の下狛駅があり、下狛駅に隣接して京都線の狛田駅がある。今日の下狛の西部には南北に京奈和自動車道が走っており、精華下狛インターチェンジがある。

歴史[編集]

平安京平城京を結ぶ春日詣の経路としては木津川の東岸(宇治など)を通る道と西岸(田辺など)を通る道の2つのルートがあり、西岸を通る道が旧奈良街道を通っていた[4]。時代とともに東岸を通る道から西岸を通る道に移っていき、平安時代後半には平安貴族などが旧奈良街道を通っていた[4]

菱田村については、寛元2年(1244年)の『大和春日神社文書』に「山城国菱田宿」という記述がみられ、この頃から奈良街道に沿って宿があったことがわかる[3]。『京都府地誌』によると、明治10年代には85戸360人が居住しており、田が56町9反余、畑14町余、産物として蚕豆、蕃薯、製茶があった[3]

下狛村については、天慶3年(940年)の『貞信公記』に下狛里の記述がある[1]。『京都府地誌』によると、明治10年代には204戸360人が居住しており、田が131町余、畑12町余、産物として豌豆、菜種、実綿、煙草があった[1]

1889年(明治22年)に町村制が施行されたことで、菱田村、下狛村が合併して狛田村となった[3]。1931年(昭和6年)、狛田村、稲田村祝園村が合併して川西村となり、1951年(昭和26年)には川西村と山田荘村が合併して精華村となり、1955年(昭和30年)に町制を施行して精華町となった[3]

神社仏閣[編集]

  • 春日神社(菱田)
  • 春日神社(菱田)
  • 西光寺(菱田)
  • 春日神社(下狛)
  • 鞍岡神社(下狛)
  • 想念寺(下狛)
  • 安楽寺(下狛)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 平凡社 1981, p. 104.
  2. ^ 現・京都府道22号八幡木津線、今日に奈良街道と呼ばれる国道24号とは異なる。
  3. ^ a b c d e 平凡社 1981, p. 103.
  4. ^ a b 精華町 1997, pp. 19-20.

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 26京都府 下巻』角川書店、1982年。
  • 精華町史編纂委員会『精華町誌 本文編』精華町、1996年。
  • 精華町『せいか歴史物語』精華町、1997年。
  • 平凡社『日本歴史地名大系 26 京都府の地名』平凡社、1981年。

関連項目[編集]