版画 (ドビュッシー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クロード・ドビュッシーの《版画(はんが)・(仏語Estampes)》は、1903年に完成されたピアノ曲集の名称であり、ドビュッシーの《映像》とともに印象主義音楽ピアノ曲の書法を確立した作品である。以下の独立した3曲からなる。

各曲[編集]

版画は、3つの異なる土地を連想させる。

塔(パゴダ) Pagodes[編集]

塔(パゴダは、ガムラン音楽の影響も見られるものの、ペンタトニックを用いてインドシナ民族音楽を模倣しており、アジアを暗示している[1]。演奏時間は概ね約4分半。

グラナダの夕べ Soirée dans Grenade[編集]

グラナダの夕べは、ギターの掻き鳴らしの模倣とアラビア音階マカーム)の利用によって、スペイン情緒を掻き立てている。作曲当時のドビュッシーのスペイン体験といえば、サンセの街で数時間を過ごしたことだけであった[1]。これにもかかわらずスペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャは、「1小節たりともスペイン民謡からは借用されていないにもかかわらず、作品全体が、ほとんどの細部において、スペインを見事に描き切っている[2]」と評した。演奏時間は概ね約5分半。

雨の庭 Jardins sous la pluie[編集]

雨の庭は、《忘れられた映像》第3曲の改作であり、フランスの童謡《もう森になんか行かない Nous n'irons plus aux bois 》や《眠れ坊や眠れ Dodo, l'enfant do[1]が引用され、ドビュッシーの母国フランス庭園に篠突く雨が描写されている。この曲では、半音階全音音階長調短調が混在している。演奏時間は概ね約3分[1]

初演は1904年1月9日に、リカルド・ビニェスによって行われた。

参考文献・関連項目など[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Hinson, Maurice. Preface to Estampes by Claude Debussy. Van Nuys, CA: Alfred Publishing Co., Inc., 1993.
  2. ^ Schmitz, Robert E. The Piano Works of Claude Debussy. New York: Duyell, Sloan and Pearce Publishers, 1950. pp 85-86.

外部リンク[編集]