リンダラハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リンダラハ》(Lindaraja)は、クロード・ドビュッシーが作曲した2台のピアノのための作品である。同時期にピアノ独奏曲集《ピアノのために》などが作曲されている。

概要[編集]

ドビュッシーは2台のピアノのための作品として、《リンダラハ》と《白と黒で》の2曲を残しているが、後者は作曲家の晩年に作曲されたものである。

《リンダラハ》は1901年4月頃に作曲された。作曲の動機については不明な点がある。《リンダラハ》という曲名は、スペイン語で「美しい人」を意味し、グラナダアルハンブラ宮殿に住んでいたムーア人の女性の名前(ワシントン・アーヴィングアルハンブラ物語』)[1]、または前述の女性にちなんだ同宮殿の中庭の名前[2]に由来するとされている。

《リンダラハ》の楽譜は他の楽譜に紛れたまましまい込まれ、ドビュッシーの生前に公表されることはなかった。作曲者の死後の1926年に出版され、同年の10月マルグリット・ロンロジェ=デュカスによって初演された。なお自筆譜はかつて紛失していたが、1995年になって再発見された。

特徴[編集]

作品の中間部以降の嬰ハ音によるハバネラのリズムや、2台のピアノの使用という点から、ラヴェルの《耳で聞く風景》中の1曲「ハバネラ」(後に管弦楽に編曲され、《スペイン狂詩曲》第3曲に編入)との類似が指摘される[3]

脚注[編集]

  1. ^ 松橋 p80
  2. ^ ルシュール p201
  3. ^ 松橋 p81

参考文献[編集]

  • フランソワ・ルシュール、笠羽映子訳 『伝記 クロード・ドビュッシー』 音楽之友社、2003年
  • 松橋麻利 『ドビュッシー 作曲家・人と作品』 音楽之友社、2007年

関連作品[編集]