五音音階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペンタトニックから転送)
Jump to navigation Jump to search

五音音階(ごおんおんかい)は、1オクターブに5つの音が含まれる音階のこと。ペンタトニックスケールとも呼ばれる。スコットランド民謡などにあらわれる。日本民謡演歌にみられるヨナ抜き音階も五音音階の一つである。

概要[編集]

東アジア日本朝鮮半島中国漢民族)、モンゴルチベットブータンなど)、東南アジアベトナムタイミャンマーカンボジアインドネシアジャワ島バリ島))、アフリカスーダンエチオピアウガンダなど)、南アメリカアンデス)の音楽では、1オクターブの音域内で5つの音を持つ音階に基づくものがある[1]

便宜的には、次の3種類に分けられる[2]

  • 全音階的五音音階(無半音的五音音階):最も一般的な5音音階であり、3つの全音程と2つの短3度によってできる。世界の五音音階の大部分がこれに含まれる。
  • 半音的五音音階:5音音階の中で半音を含むもので、半音程の位置は様々であるが、長3度音程と隣り合う位置に置かれることが多い。主に、日本、朝鮮、インド、インドネシア等にある。
  • この他に、インドネシア(ジャワ島・バリ島)やウガンダ(ブガンダ王国の伝統音楽)などには1オクターブを5等分した五音音階、タイには1オクターブを7等分してその内の5音を用いる五音音階などがある。

五音音階の分類[編集]

音階 使用範囲(日本) 使用範囲(日本以外)
C, D, E, G, A 呂旋法、陽旋法 スコットランド民謡、ボヘミア民謡、
東アジア民謡(中国、スレンドロ)、インド(ラーグブープ旋法)、南米フォルクローレ
C, Des,

F,

G,

Ais

陰旋法(上行形) ---
As,

G,

F,

Des,

C

陰旋法(下行形) ---
C, Db, Eb, G, Ab ガムラン音階(ペロッグ
C, Db, Eb, Gb, Ab --- ガムラン音階(ペロッグ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]