燕三条系ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
燕三条系ラーメン

燕三条系ラーメン(つばめさんじょうけいラーメン)とは、新潟県県央地域燕市三条市)発祥のラーメン

概要[編集]

昭和30年前後、杭州飯店(当時は福来亭)の初代・徐昌星が、洋食器産業の工員の出前のラーメンについて、工員達の要望で味を濃くした上でバランスを考えて豚の脂を加え、さらに出前しても麺が伸びにくいように麺を極太にしたのが始まり[1]

うどんのような極太麺[1]煮干しなどの魚介類出汁が効いた、濃口醤油スープ[1]に、丼から湯気が上がらないほどに大量の[要出典]の背脂が表面を覆っている[1]のが特徴。長ネギの代わりに玉ネギのみじん切りが薬味として使用される店も多い。また乗せられる背脂の量に応じて、「大油」・「中油」とメニューが区別されている店舗もある。[要出典]

新潟4大ラーメンが注目され始めた2005年頃には背脂ラーメンと雑誌に紹介されていた[1]。石神秀幸による新潟四大ラーメンの分類では燕三条流背脂ラーメンである[2]

代表的な店舗[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新潟のラーメン屋』 株式会社ジョイフルタウン〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、2005年、88頁。
  2. ^ 月刊 新潟こまち 2007年10月号 34p
  3. ^ 「燕三条発、背脂極太ラーメンの老舗」として紹介。背脂系極太麺との記述も。 - 一個人編集部「大人のラーメン大賞」『一個人』特別編集(ISBN 978-4-584-16589-8)、KKベストセラーズ、137頁
  4. ^ 燕三条流・背脂ラーメンの店「剛州飯店」として紹介。 - 久部緑郎・河合単ラーメン発見伝』6巻(ISBN 4-09-185616-0) 小学館、2002年、172-180頁。