新潟県のラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラーメン > 新潟県のラーメン

新潟県のラーメン(にいがたけんのラーメン)では、新潟県各地で供されるラーメンについて述べる。

概要[編集]

2005年頃から、「新潟あっさり醤油」「新潟濃厚味噌」「燕三条背脂」「長岡生姜醤油」のラーメンが雑誌に特集されていた[1]が、この四つをラーメン評論家の石神秀幸が「新潟四大ラーメン」と定義した[2]。2011年頃からは新潟四大ラーメンに三条カレーラーメンを加えることで、新潟五大ラーメンとしてのメディアへの露出が多くなっている[3]

代表的なラーメン[編集]

新潟あっさり醤油ラーメン新潟市
昭和初期に屋台で提供されていた、煮干し風味のあっさり醤油味のスープに細縮れ麺のラーメンがルーツ[4]
新潟濃厚味噌ラーメン新潟市
野菜たっぷりでコクのあるこってり味噌というスタイル[5]味噌スープを薄めるための「割りスープ」が付くのが特長。[要出典]
燕三条背脂ラーメン燕市三条市
うどんのような極太麺[6]煮干しなどの魚介類出汁が効いた、濃口醤油スープ[6]に、丼から湯気が上がらないほどに大量の[要出典]の背脂が表面を覆っている[6]のが特徴。
長岡生姜醤油ラーメン長岡市
ショウガの効いた濃口醤油ラーメン[7]
三条カレーラーメン(三条市
三条市のラーメン店店主が、戦前に東京の修業先から持ち帰ったのが始まり[8]とされ、(2007年の時点で)70年の歴史があると言われている[9][10]
2006年頃から、日本のカレーラーメンの店について一番古いのではないかとネット上で言われ始め[11]、地元が町おこしのためにラーメン店を集めて三条カレーラーメンと称した。

その他のご当地ラーメン[編集]

とん汁ラーメン(妙高市
ラーメンスープの代わりにとん汁を用いたラーメン。
もつラーメン(新発田市
「もつ」と呼ばれる豚の頭肉の煮込みを用いたラーメン。

脚注[編集]

  1. ^ 『新潟のラーメン屋』〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、84-99頁。
  2. ^ 月刊 新潟こまち 2007年10月号 34p
  3. ^ 4月27日の特集 新潟はラーメン王国だ! 元気を作ろう!ラーメンの絆 - BSN水曜見ナイト 2011年4月27日
  4. ^ 『新潟のラーメン屋』〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、84頁。
  5. ^ 『新潟のラーメン屋』〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、96頁。
  6. ^ a b c 『新潟のラーメン屋』〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、88頁。
  7. ^ 『新潟のラーメン屋』〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、94頁。
  8. ^ 『三条名物カレーラーメン70年目の大人気、食べ歩き会も…新潟』 - YOMIURI ONLINE(読売新聞)2009年3月21日 (参考資料)
  9. ^ 新潟県公式観光情報サイト にいがた観光ナビ
  10. ^ 『各店のオリジナリティーが光る三条の「カレーラーメン」』 - 月刊新潟こまち 2007年10月号 p85
  11. ^ 電脳麺日記” (2006年7月27日). 2016年10月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『新潟のラーメン屋』 株式会社ジョイフルタウン〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、2005年
  • 『月刊 新潟こまち』 株式会社ニューズ・ライン、2007年10月。