カレーラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新潟県燕市の杭州飯店のカレー中華。燕三条系ラーメンと三条カレーラーメンのミックス。

カレーラーメンは、ラーメンカレー仕立てのスープで調理した料理。

起源について[編集]

日本各地で自然発生的に誕生したと考えられている[1]。なお、次のように「起源」等を主張する地域もある。

新潟県三条市発祥説
新潟県三条市にあったラーメン店「東京亭」の店主が、戦前[2](昭和初期[3][4])に東京・向島[4]の修業先の食堂から持ち帰ったのが始まり[2][3][4]とされ、三条市では70年の歴史があると言われている[5][6]
三条市では、市内に70店舗以上[2][3]のカレーラーメン提供店があり、三条商工会議所の取り組みにより名物化が進み、2009年2月25日にはセブン-イレブンより「三条名物カレーラーメン」が発売されるまでに至った。
2011年頃から、石神秀幸が定義した新潟四大ラーメン(新潟あっさり系ラーメン新潟濃厚味噌ラーメン燕三条系ラーメン長岡生姜醤油ラーメン)に三条カレーラーメンを加えることで、新潟五大ラーメンとしてのメディアへの露出が多くなっている[7][8]
北海道発祥説
北海道においては、苫小牧市の「味の大王」が1965年[9][10]、札幌でブームとなった味噌ラーメンに対抗するために始めた[9]のが最初とされる。発祥とされる苫小牧市では「とまこまいカレーラーメン振興局」が地図を作成するほかプロモーション活動を行っている[11]
千葉発祥説
1955年千葉県小見川町(現:香取市)で開店した「実之和食堂」が当初から定番メニューとしてカレーラーメンを提供している[1]

インスタントラーメンにおけるカレーラーメン[編集]

インスタントラーメンにおいては、1961年袋麺日清食品チキンラーメン プラスカレー」とエースコック「カレーラーメン」が発売されており、カレーとラーメンの融合というコンセプト自体、比較的古い時期から確立されていた[1]。カレーラーメンの存在を一躍有名にし、メニューを定着させたのが、1973年発売の日清食品「カップヌードル カレー」であった[1]。これ以降、各社から様々なカレーを取り入れたインスタントラーメンが発売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「特集/「カレーラーメン」が来た! - インスタント麺の発売は、なんと1961年!カレーラーメンに歴史あり。長い雌伏のときを経て、檜舞台へ」、『dancyu』2005年10月号、プレジデント社2005年9月6日ASIN B000B6GF7U
  2. ^ a b c “三条でカレーラーメンが熱い 名物のPRきっかけ コンビニで発売=新潟”. 読売新聞 東京朝刊 新潟北版: p. 27. (2009年3月21日) 
  3. ^ a b c “発掘!お国自慢:新潟県三条市「カレーラーメン」/前橋市「焼きまんじゅう」/東京”. 毎日新聞 地方版/東京: p. 22. (2010年1月29日) 
  4. ^ a b c “地元の食文化発信 三条のカレーラーメン食べ歩き 店ごと味に個性 /新潟県”. 朝日新聞 新潟版: p. 29. (2009年4月15日) 
  5. ^ 三条カレーラーメン”. にいがた観光ナビ. 公益社団法人 新潟県観光協会. 2018年9月24日閲覧。
  6. ^ 「各店のオリジナリティーが光る三条の「カレーラーメン」」、『月刊新潟こまち』2007年10月号、ニューズ・ライン、 85頁。
  7. ^ 新潟B級グルメ横町・新潟5大ラーメン”. 施設のご案内. 新潟ふるさと村. 2018年9月24日閲覧。
  8. ^ 4月27日の特集 新潟はラーメン王国だ! 元気を作ろう!ラーメンの絆 - BSN水曜見ナイト - ウェイバックマシン(2017年3月25日アーカイブ分)
  9. ^ a b “時のひと:「味の大王」総本店店長・高橋浩一さん(38) /北海道”. 毎日新聞 地方版/北海道: p. 20. (2005年7月2日) 
  10. ^ 味の大王”. 味の大王. 2018年9月24日閲覧。
  11. ^ ここにカレーラーメン 苫小牧マップを作製”. 苫小牧民報 (2013年7月10日). 2018年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

「味の大王 室蘭本店」の「室蘭カレーラーメン」

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、カレーラーメンに関するカテゴリがあります。